トラベルボイス | 40万人が読む観光産業ニュース 読者数 No.1

日本政府観光局、国際会議誘致・開催の功績に貢献賞、2019年に神戸で開催される医療イベントは5000名規模

2017年 1月 11日 カテゴリ:MICE , ニュース

日本政府観光局(JNTO)はこのほど、2016年度の国際会議誘致・開催貢献賞を発表した。このアワードは国内への国際会議誘致やその開催意義を一般に浸透させるための取り組みで、毎年優れた国際会議の主催者、都市や推進機関の功績を認め、新たな同事業の推進につなげることが目的。今回が9度目の実施となる。

今回は2015年度に誘致・開催されたなかから、国際会議誘致の部6件、国際会議開催の部7件を選出した。

受賞内容は以下のとおり。

受賞会議(開催日順)

【国際会議誘致の部】

 【国際会議開催の部】

今回受賞した「第26回国際行動神経科学会年次大会」は、2017年6月から30日まで、15か国・地域の約320名(うち外国人参加者225名)を迎えて行われる予定。広島観光コンベンションビューローが国際本部と商談を進めたほか、JNTOによる誘致支援制度を活用したキーパーソン招聘プログラム「Meet Japan」などを通じた誘致をおこなった。

また、2019年9月に京都で開催される「第25回ICOM(国際博物館会議)大会」は世界117か国・地域を対象に、2500名(うち2000名が外国人)が参加。さらに兵庫で2019年におこなわれる「国際義肢装具協会世界大会」は、70か国・地域の5000名(うち3000名が外国人)を迎える大規模なものとなっている。