トラベルボイス | 観光産業ニュース 読者数 No.1

【図解】訪日外国人数が3000万人を突破、11月は3.1%増の245万人も、韓国5.5%減・台湾3.1%減など減少傾向に ―日本政府観光局(速報)

2018年 12月 19日 カテゴリ:ニュース , 図解シリーズ , 訪日インバウンド , 調査・統計

日本政府観光局(JNTO)によると、2018年11月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比3.1%増の245万1000人。前年同月の237万8000人を7万人以上上回り、11月として最高を記録。1月からの累計は前年比9.1%増の2856万100人となった。

また、JNTOは法務省の協力による独自推計値として、2018年12月18日時点の訪日外国人旅行者数が3001万人となったことを発表。2018年は史上初の3000万人超えの節目の年となった。

2018年11月までの訪日外国人数と前年推移は以下のとおり。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

市場別では、11月のトップは中国で前年比8.8%増の61万7300人。次いで韓国は5.5%減の58万8200万人、台湾が3.1%減の35万1900人、香港が3.3%減の16万7200人。これら4市場で全体の7割を占めた。

また、調査対象となっている20市場のうちベトナム、イタリア、ロシア、スペイン、中国、タイ、フィリピン、インド、米国、英国、フランス、ドイツの12市場は11月までの累計で昨年の年計を超えた。

各市場の詳細は以下のとおり。

JNTO:報道資料より

JNTOによれば、韓国、台湾、香港については一連の自然災害の影響で旅行控えなどがみられ、前年同月を下回る結果に。ただし欧米ではクルーズ船需要や訪日旅行プロモーションなどが功を奏して好調となった。