海外旅行

海外旅行に関連する最新情報をお届けします。

モルディブ、日本含む世界から観光客の受入れ再開、7月15日から、住民のいない島で滞在先1か所が条件

モルディブ、日本含む世界から観光客の受入れ再開、7月15日から、住民のいない島で滞在先1か所が条件

モルディブは7月15日から、日本を含む世界各国からの旅行者受け入れを再開する。空港到着時に有効期間30日の観光ビザを発給する。新型コロナの陰性証明不要。
トルコ、「セーフ・ツーリズム認証」プログラムを開始、外国人旅行者向けに健康保険パッケージも

トルコ、「セーフ・ツーリズム認証」プログラムを開始、外国人旅行者向けに健康保険パッケージも

トルコが 新型コロナウイルス感染防止策として「セーフ・ツーリズム認証」プログラムを開始。また、7月1日から外国人旅行者向けの健康保険パッケージも用意する。
日本旅行業協会、新体制下で「新しい旅のスタイルに対応」、新役員が今後を展望

日本旅行業協会、新体制下で「新しい旅のスタイルに対応」、新役員が今後を展望

日本旅行業協会の新会長、副会長の3名などが、コロナからの回復に向けた展望と方針を発表。
EU、日本含む14カ国からの渡航制限解除、米国・インドなど除外、対象国は14日ごとに見直し

EU、日本含む14カ国からの渡航制限解除、米国・インドなど除外、対象国は14日ごとに見直し

欧州連合(EU)は6月30日、7月1日から日本を含む14カ国からの渡航制限を解除することを決めた。中国は条件付き。アメリカ、インド、ブラジルなどは対象から除外された。
アエロメヒコ航空、民事再生を申請、運航は継続、日本線はすでに再開

アエロメヒコ航空、民事再生を申請、運航は継続、日本線はすでに再開

メキシコのアエロメヒコ航空は、米国で日本の民事再生法にあたるチャプター11の適用を申請した。新型コロナウイルスの影響に伴う旅客数の急減が響いた。
東京ディズニー、営業再開で感染防止対策の運営方法を動画でも公開、レストランメニューはスマホで確認など

東京ディズニー、営業再開で感染防止対策の運営方法を動画でも公開、レストランメニューはスマホで確認など

東京ディズニーリゾートは、感染防止対策を徹底したうえで、7月1日から東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを再開。アトラクションは座席間隔をあけて運営。
最新の世界の出入国規制を知る情報サイトを整理した、毎日更新の世界マップから在外日本大使館の現地発情報の一覧まで

最新の世界の出入国規制を知る情報サイトを整理した、毎日更新の世界マップから在外日本大使館の現地発情報の一覧まで

新型コロナウイルスに伴う日本と世界各国との出入国規制で、参考となる情報をまとめた。
グアム、日本・韓国・台湾からの、観光客受け入れ再開を延期、14日間の強制隔離と検査を継続へ

グアム、日本・韓国・台湾からの、観光客受け入れ再開を延期、14日間の強制隔離と検査を継続へ

グアムが7月1日から再開を予定していた日本、韓国、台湾からの来島者受け入れを延期。健康管理に関するガイドラインを策定したことで、5月末に7月からの再開を表明していた。
ハワイ、8月1日から14日間の自己隔離免除、新型コロナ陰性証明の提示条件に

ハワイ、8月1日から14日間の自己隔離免除、新型コロナ陰性証明の提示条件に

ハワイ州は8月1日から、新型コロナウイルスの陰性証明提示を条件に、ハワイ州外からの旅行者に対し、到着後14日間の自己隔離を免除する事前検査プログラムを実施する。
ドバイ、7月7日から外国人観光客受け入れ、エミレーツ航空「世界中の旅行者歓迎」、日本線は再開未定

ドバイ、7月7日から外国人観光客受け入れ、エミレーツ航空「世界中の旅行者歓迎」、日本線は再開未定

ドバイが7月7日から外国人観光客の受け入れを再開する。PCR検査の陰性証明、国際保険加入などが条件となる。
ドイツ、欧州域内向けに旅行回復キャンペーンを開始、日本では渡航禁止解除後に

ドイツ、欧州域内向けに旅行回復キャンペーンを開始、日本では渡航禁止解除後に

ドイツ観光局 (DZT)は、3ヶ月続いたヨーロッパ域内のロックダウン解除に伴って、リカバリーキャンペーン「Dreams Become Reality」をスタート。日本など他地域では渡航禁止解除後に展開予定。
日本からベトナムに出張者ら440人が渡航へ、国際的な往来再開の第一歩、帰国者の14日間待機中のビジネスも容認

日本からベトナムに出張者ら440人が渡航へ、国際的な往来再開の第一歩、帰国者の14日間待機中のビジネスも容認

日本/ベトナム間で往来が再開。外務大臣は6月25、26、27日に日本からベトナム行きのビジネスマン対象の臨時便が運航されることになったと明らかにした。
世界の海外旅行者数が44%減、国連世界観光機関が1~4月の影響を試算、損失額は約20兆円に

世界の海外旅行者数が44%減、国連世界観光機関が1~4月の影響を試算、損失額は約20兆円に

連世界観光機関(UNWTO)は、2020年4月の世界の海外旅行者数が前年比97%減、1月~4月の累計では同44%減になったと発表。最大の落ち込みはアジア太平洋で同51%減に。
タヒチ、7月15日から海外旅行客受け入れ再開へ、観光促進キャンペーンもスタート

タヒチ、7月15日から海外旅行客受け入れ再開へ、観光促進キャンペーンもスタート

フランス領ポリネシアは2020年7月15日から、海外からの観光客受け入れを再開する。感染拡大阻止に向けたガイドラインを策定したうえで再開を決定した。タヒチ観光局はグローバルキャンペーン「世界と再びつながるタヒチの島々」を開始した。
【図解】韓国・香港・台湾、日本人旅行者数の推移を比較 ―2020年4月

【図解】韓国・香港・台湾、日本人旅行者数の推移を比較 ―2020年4月

各国の統計機関によるデータにもとづき、2020年4月日本人の旅行者数について韓国、台湾、香港を比較。
安倍首相、都道府県またぐ移動解禁、ベトナムなど4カ国と往来再開へ協議も開始

安倍首相、都道府県またぐ移動解禁、ベトナムなど4カ国と往来再開へ協議も開始

安倍晋三首相は2020年6月19日から都道府県をまたぐ移動を解禁すると表明。タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドとは往来再開に向けて協議・調整を進めることも明らかにした。
欧米豪 主要9カ国 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月18日版)

欧米豪 主要9カ国 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月18日版)

米国、オーストラリア、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシアに関する出入国規制状況一覧 [2020年6月18日現在]。
東南アジア6カ国とインド ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月17日版)

東南アジア6カ国とインド ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月17日版)

タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、シンガポール、インドネシア、インドに関する出入国規制状況一覧 [2020年6月17日現在]。
韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月16日版)

韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月16日版)

中国・韓国・台湾・香港に関する出入国規制状況一覧 [2020/6/16現在]。