デジタルトラベルAPAC2020(日程変更)

2020年4月にシンガポールでの開催が予定されていた「デジタルトラベルAPAC 2020」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、現地開催は12月8~10日に延期されることが決定しました。

最新情報については、公式ウェブサイトをご参照ください。

「デジタルトラベルAPAC 2020」

(2020年7月3日 トラベルボイス編集部)


シンガポールにて2020年12月8日から10日まで、アジア太平洋地区を対象とするデジタル旅行業界関連イベント「デジタルトラベルAPAC 2020」が開催される。今年も旅行・観光業界におけるEコマースやデジタルマーケティング、カスタマーエクスペリエンスなどの分野をリードする企業が多数集結する予定だ。

会期中、メインカンファレンスでは、「パーソナライゼーション」「アジアのトラベル業界の未来」などをテーマとする多数の講演を展開。アジア太平洋地域の観光関連組織のほか、航空、宿泊、OTA、メタサーチ、タビナカ・アクティビティ、レンタカーといった分野をリードするパイオニアが登壇予定。

日本からは日本航空(JAL)グローバルマーケティング担当バイスプレジデントの光益彰(みつますあきら)氏、日本政府観光局(JNTO)シンガポール事務所の佐藤克文氏、LINEトラベルCEOの柴田啓氏らが登壇する。

なお、9月21日〜23日の3日間には、下記の要領バーチャルサミットを開催することも決定している。

  • 2020年9月21日:Zoom経由のテクノロジーラウンドテーブル
  • 2020年9月22日〜23日:メインカンファレンス

そのほか、詳細プログラムは「公式サイト」から入手可能だ。

イベント概要は以下のとおり。

デジタルトラベルAPAC2020 開催概要

  • 開催期間:2020年12月8日から10日まで
  • 会場:シンガポール、リゾートワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa, Singapore. 8 Sentosa Gateway, 098269)
  • 公式サイト:デジタルトラベルAPAC 2020

バーチャルサミット