トラベルボイスLIVEオンライン版【7/6(月)7/13(月)開催】感染症流行で大きく変化、こんな「おもてなし」はもう要らない

観光産業ニュース「トラベルボイス」は2020年7月6日と13日、ライブイベント「トラベルボイスLIVE ―旅行者が求めるサービス、感染症流行で大きく変化、こんな『おもてなし』はもう要らない」を開催する。

好評のセミナー/トークショーシリーズ「トラベルボイスLIVE」オンライン版として実施するもの。

今回は、東海大学・小林寛子教授が出演し、トラベルボイス代表取締役社長CEO鶴本とのトークショー形式で実施する。

内容は、6月2日までおこなわれた調査「収束後の旅行・観光に関する意識調査」の分析結果をもとに、宿泊施設で感染症対策として「ないと嫌だ」と思うものの傾向の変化や、こんな「おもてなし」はもう要らない、といった意識の変化(密回避の時代になり、「お迎えやお見送りがなくてもよい」との回答は7割に!)をわかりやすく解説していく。

また、そのデータ分析をもとに、旅行会社、宿泊施設などの観光事業者、観光地域づくり法人(DMO)などが何をすべきなのかを討論する。

参加料は無料で、2回とも同じ内容をライブで配信。それぞれ先着500名で受け付ける。 ※参加登録用画面に「本ウェビナーは定員に達したため、申込を終了いたしました」と表示される場合は、お申込みができない状態ですのでご注意ください。以後はキャンセルが発生した際にお申込みが可能となります。

トラベルボイスLIVE・オンライン版
旅行者が求めるサービス、感染症流行で大きく変化、こんな『おもてなし』はもう要らない

※2回とも内容はまったく同じですので、1日だけ選んでお申し込みください。複数日程に登録すると、その全部がキャンセルとなりますのでご注意ください。

※今回のトラベルボイスLIVEは「Zoom」を使っておこないます。会社で「Zoom」自体が使用禁止になっている場合は、個人メールでご登録いただき、個人スマホや個人PCでご覧ください。

7月13日(月)のセミナーに登録する

(Zoomのサイトに移動します)

詳細は以下の通り。

開催概要

  • タイトル:トラベルボイスLIVEオンライン版「旅行者が求めるサービス、感染症流行で大きく変化、こんな『おもてなし』はもう要らない」
  • 開催日時:
    • 2020年7月6日(月)16時00分 開演
    • 2020年7月13日(水)16時00分 開演
      ※オープニングからご覧いただけるよう、5分前の15時55分までにはアクセスしておいてください
  • 所要時間:1時間(予定)
  • 開催形式:Zoom(ズーム)ライブ配信(事前登録者のみ閲覧できます)
  • 参加登録:このページ内の赤いボタンから、日付を指定して登録してください。
    ※2回とも内容は同じですので、1日だけ選んでお申し込みください。複数日程に登録すると、その全部がキャンセルになりますのでご注意ください。
    ※参加登録用画面に「本ウェビナーは定員に達したため、申込を終了いたしました」と表示される場合は、お申込みができない状態ですのでご注意ください。以後はキャンセルが発生した際にお申込みが可能となります。
  • 定員:各日とも先着500名
    ※定員に達した後は、キャンセルが発生して空席ができた場合のみ、申込みが可能。
  • 参加方法:参加登録時に通知される、専用のリンク(URL)から、お手持ちのPCやスマホを使ってご参加ください
    ※トラベルボイスLIVEは「Zoom」を使っておこないます。もし会社で「Zoom」自体が使用禁止になっている場合は、個人メールでご登録いただき、個人スマホや個人PCでご覧ください。
    ※メールアドレス1つに対して1つの専用リンクを発行します。専用リンクは他の方と共有はできません。
    ※もしも共有メールアドレスで登録して、同僚など他の方が先に専用リンクにアクセスすると、登録者本人が閲覧できなくなることになります。共有メールアドレス以外でご登録ください。
  • 参加費:無料
  • お問合せ:トラベルボイスLIVE事務局(トラベルボイス内)
    e-mail:contact@travelvoice.jp

内容

  • テーマ:トラベルボイスLIVEオンライン版「旅行者が求めるサービス、感染症流行で大きく変化、こんな『おもてなし』はもう要らない」
  • 出演:
    • 小林寛子氏(東海大学・経営学部 観光ビジネス学科 教授)
    • 聞き手:鶴本浩司・トラベルボイス代表取締役社長CEO
  • セッション内容:
    • 前半:「収束後の旅行・観光に関する意識調査」をわかりやすく解説

    • 後半:旅行会社、宿泊施設などの観光事業者、観光地域づくり法人(DMO)などが、何をすべきなのかを、 今回のデータ分析をもとに討論

出演者紹介

 小林寛子氏(東海大学・経営学部 観光ビジネス学科 教授)

文化放送の人気DJとして活躍ののち、オーストラリアの世界遺産フレーザー島のエコリゾート開発プロジェクトに参画、オープン後は運営とマーケティングを手がける。2013年より現職。観光ビジネス学科においてもフィールドワークを通じて、地域の課題解決に取り組んでいる。著書に「エコツーリズムってなに?~フレーザー島から始まった挑戦」(河出書房新社)等。

 鶴本浩司:トラベルボイス株式会社 代表取締役社長CEO

オーストラリア政府観光局を経て、観光産業ニュース会社「トラベルボイス」を設立。その他、観光に特化したデジタルマーケティング会社「マーケティング・ボイス」代表、テクノロジー企業「パイプドHD」(東証一部)社外取締役、観光シンクタンク「JTB総合研究所」客員研究員なども兼任。

トラベルボイスLIVE・オンライン版
旅行者が求めるサービス、感染症流行で大きく変化、こんな『おもてなし』はもう要らない

※2回とも内容はまったく同じですので、1日だけ選んでお申し込みください。複数日程に登録すると、その全部がキャンセルとなりますのでご注意ください。

※今回のトラベルボイスLIVEは「Zoom」を使っておこないます。もし会社で「Zoom」自体が使用禁止になっている場合は、個人メールでご登録いただき、個人スマホや個人PCでご覧ください。

7月13日(月)のセミナーに登録する

(Zoomのサイトに移動します)

※「トラベルボイスLIVE」はトラベルボイス読者向けのイベントです。トラベルボイスのメールマガジン「今日のヘッドライン」にまだ登録されていない方は、下記からお申込みください。トラベルボイス編集部が厳選した最新情報やトレンド分析、専門家による連載のコラムなどを毎日メールでお届けします。

➡メールマガジン「今日のヘッドライン」お申込み