ワーケーションによって得られる3つのメリット

ワーケーションを実施することで、得られるメリットとはどんなものがあるでしょうか? 休暇の取り方、心身のリフレッシュ法、訪れた地域との関わり方など3つの視点からポイントをご紹介します。

長い休暇が取りやすく、旅行先でゆったり滞在できる

休暇の間に仕事の時間を組み込めるワーケーションは、長めの休暇が取りやすくなると言えます。リフレッシュするための週末1泊旅行が、行き帰りの移動で月曜の朝はかえって疲れた・・誰でもこんな経験があるのでは? 滞在先で長く時間を過ごせれば、よりのんびりリラックスすることができます。また、ワーケーションは土日にこだわらず、平日に休みを取って行えるので、空いている時期の安い宿泊料金を利用することが可能です。

気分転換しやすく、パフォーマンス向上にも期待

以前からよく言われるのが、滞在型の旅行は日本でなかなか根付かないということ。確かに、「ずっと同じところに滞在していると、退屈したり、手持ち無沙汰になるかも?」と考える人も多いかもしれません。少し長めに休んで、休暇を損なわない程度の適度な仕事を持っていくことは、意外にも休暇のいいアクセントになり得ると言えます。
ワーケーション先は温泉や自然など、仕事から休みモードへの転換がしやすい環境が整っており、仕事をした後はすぐに気分を切り替えて、散歩や入浴、アクティビティに参加するなど、いろいろな形でリラックスすることができます。効率よく時間を使うことができ、休みも仕事もパフォーマンスの向上が期待できます。

地域との触れ合いが新たな気づきやモチベーションに

通常の観光旅行よりも滞在が長めのワーケーションは、「暮らす」要素が多くなり、スーパーや産地直売所、コインランドリーなど、地域の人が利用する場所を訪れることが増えます。地域の人々や暮らしに触れ合うことは、さまざまな気づきを得る機会となります。それが新たなビジネスのヒントにつながったり、自分の生き方を見直したりするきっかけにもなり得ると言えます。