HIS、サッカーで平和を学ぶボスニア旅行を企画、戦後70年・紛争終結20年で

エイチ・アイ・エス(HIS)のエコ・スタディツアーデスクは、「第2次世界大戦70年、ボスニア紛争終結20年企画~サッカーを通じて平和教育を学ぶ~「過去」を知り、「未来」を考えるボスニア・ヘルツェゴビナ8日間」を発売した。NGOサラエヴォ・フットボール・プロジェクトとの共同企画によるもの。

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボは、「モスタル旧市街」「ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・バシャ橋」などの世界遺産で知られ、多くの観光客が訪れるが、郊外には民族紛争で破壊された建物や銃弾跡のある民家が放置され、いまだに対立も残っている。

今回のツアーは、そんな同国と日本の教育について参加者と現地の学校の先生が討論し、両国の子供たちのための平和教育の形を考えるのが目的。また、ボスニア・ヘルツェゴビナの小学生民族混成サッカークラブ「FKクリロ」の結成時の様子や、サッカーを通して民族に関係なく友情を育んだ体験談を聞く機会も設けた。大学生や教員志望者、戦跡・歴史ファンなど、幅広い客層の参加を期待している。

出発日は2015年8月17日で、旅行代金は28万9000円。添乗員はつかないが、NGOサラエヴォ・フットボール・プロジェクト代表の森田氏が現地で合流する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…