【ランキング】地域ブランドの評価、うどん県「香川県」、くまモン「熊本県」が上昇 -首位は北海道

日経リサーチは、このほど「地域ブランド戦略サーベイ2013」を発表した。この調査は、ブランド力や認知度、魅力点など様々な観点から地域ブランドを評価し、ランキング化したもので、今回が4回目。上位については、前回調査と大きくかわりなく「北海道」が首位をキープし、「京都府」「沖縄県」のトップ3に変動はなかった。トップ10では「大阪府」「鹿児島県」「奈良県」が順位を上げた。また、特徴的な県としては、うどん県として話題の「香川県」が前回調査の24位から14位、「島根県」が46位から35位、「鳥取県」が43位から38位へと大きく上昇。また、熊本と鹿児島県のブランドも上昇しており、同社は九州新幹線と全国区人気の「くまモン」効果ではないかと検証している。

【都道府県別のランキング】(カッコ内は2010年の順位)

1位:北海海道(1位)

2位:京都府(2位)

3位:沖縄県(3位)

4位:

  • 東京都(4位)

5位:

  • 大阪府(6位)

6位:神奈川県(5位)

7位:

  • 鹿児島県(10位)

8位:

  • 福岡県(7位)

9位:兵庫県(8位)

10位:

  • 奈良家(12位)

*測定対象は99の町村を含む都道府県・主要な市区町村など合計765

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。