沖縄県とシンガポール・チャンギ空港、相互協力で覚書締結、将来の直行便就航に期待

沖縄県とシンガポール・チャンギ空港は2014年3月25日、「シンガポール・チャンギ空港及び沖縄県による航空ネットワーク強化に向けた相互協力に関する覚書」を締結した。今後、両者は、相互の航空ネットワーク強化に取り組み、双方の国際観光や貿易促進を通じて経済交流をさらに拡大させていく。沖縄県からは仲井眞弘多知事、那覇空港ビルディング社長の花城順考氏、沖縄観光コンベンションビューロー会長の上原良幸氏、シンガポール・チャンギ空港からは上級アドバイザーのウォン・ウーン・リョン氏が出席した。

今回締結された覚書に基づき、両者は以下の項目について相互連携を図っていく。

  1.  シンガポールの主要旅行社および航空会社に対する沖縄直行便の誘致
  2.  東南アジア、豪州、インドなどからシンガポール経由での沖縄への観光誘致
  3.  東南アジア、豪州、インドなどからシンガポール経由での相互航空物流の促進

仲井眞知事は今回の提携について「シンガポール・チャンギ空港は東南アジアのハブ空港として、また顧客サービスの優れた空港として世界的に高い評価を得ている。今後の連携により、沖縄県の航空ネットワークが強化され、観光客の増大、航空物流の促進に一層弾みがつくと期待している」とコメント。また、リョン氏は「沖縄県はチャンギ空港にとって非常に重要なデスティネーション。シンガポールと沖縄の間の直行便就航については、チャンギ空港としても大変興味がある。チャンギ空港と沖縄観光コンベンションビューローでは、旅行会社などと協力し、チャーター便の就航を計画している。将来的には定期便の就航につながっていくと考えている」と話した。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。