ANAとボーイング社が航空会社支援で提携、787型機の導入・整備管理などで

ボーイング社は、全日空(NH)とB787(ドリームライナー)の航空会社支援で提携する。これは、787型機を初めて運航するボーイング社のサービスプログラムに加入している航空会社に新機材導入に関する知見を提供するもの。ANAは、787型機のローンチカスタマーで、すでに40機を運航、43機を発注済み。787型機の離着陸回数や経験値が多く、こうした知見を他航空会社の導入に活かす。

同様の提携は、両社にとって初めてのこと。両社は、787型機を初めて運航する航空会社に新機材導入期間中の整備管理とライン整備の監督を協力して支援する。

なお、ボーイング社はこれまでに世界の航空会社60社から合計1095機の787型機を受注。そのうち304機を納入している(2015年7月31日現在)。

参考記事>>>

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…