成田空港、2020年に「顔パス」搭乗手続きを開始、顔認証技術の導入でパスポート提示を不要に

成田国際空港は、2020年の春から顔認証技術を用いた搭乗手続き「OneID」を導入する。チェックインなど、空港での最初の手続きで顔写真を登録すると、その後の手荷物預かりや保安検査、搭乗ゲートでの手続きは「顔パス」で対応できるようになるもの。

これまで必要だった搭乗券やパスポートの提示が不要となり、保安検査場や搭乗ゲートではウォークスルーで通過するだけとなるため、搭乗までの待ち時間短縮につながるうえ、空港の業務効率にも役立つ。成田空港では、顔認証システムの導入によって本人確認の精度が向上、テロなどの未然防止対策にも寄与するとしている。

OneIDは、成田空港第1ターミナル南ウイング(ANA)と第2ターミナル(JAL)で導入予定。導入後、参加航空会社は順次拡大の予定だ。

成田国際空港:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…