キャセイ航空、LCC香港エクスプレスの買収完了、子会社後も独立した運航を継続

キャセイパシフィック航空はこのほど、LCC香港エクスプレス航空の買収を完了した。これにより、香港エクスプレスはキャセイパシフィックの完全子会社となった。

今回の合併は、事業やビジネスモデルを相互に補完する関係にある両社のつながりをより強固にするもの。利用客の利便性向上や、香港を中心に広がる同グループのネットワークを通じてより多くの乗継便の選択肢を提供しつづけるとしている。香港エクスプレスは独立したLCCとして運航を継続する方針だ。

香港エクスプレスの最高経営責任者(CEO)には、キャセイパシフィックのコマース&貨物取締役を務めたドナルド・ラム氏が就任する。キャセイパシフィックのCEOで香港エクスプレスの会長を兼任するルパート・ホッグ氏は今回の合併について、「キャセイグループの事業の発展と拡大を長期的にもたらすもの」とコメント。航空輸送拠点としての香港の競争力向上を図るうえで実践的な手段だと説明している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。