hi Japan(旧ハンディ・ジャパン)、親会社の経営不振報道でコメント発表、日本国内サービスは従来通り提供

ホテル向けスマートフォンレンタル「handy」を展開するhi Japan(旧:handy Japan)は2019年8月1日、香港に拠点を置く親会社「hi(旧:Tink Labs)」に関する経営不振報道に関するコメントを発表した。

コメントの中でhi Japanは「hi Japanは、hi Inc.と資本関係はあるものの別会社として経営している」と説明。そのため、日本では従来通り運営をおこない、提供中のサービスも継続して提供するとしている。

hi Japanは、2019年2月に旧「handy Japan」から社名を変更。従来はホテルを中心にタビナカのスマホレンタル事業を展開していたが、今後はホテル向け展開おみならず旅行者向けの各種サービスを提供。タビマエからタビアトまで旅のすべてのフェーズをターゲットにする展開を加速させる方針を示していた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。