一休、タクシー車内でレストラン予約のCM動画放映、都内1万台でスマホからアクセス狙う

一休はこのほど、タクシーのサイネージを活用し、レストラン予約サイト「一休.comレストラン」のCM動画を放映開始した。東京都港区、千代田区、中央区で運行される車両中心に約1万台で放映。同エリアはビジネスパーソンが多く、移動の隙間時間に関心を持ってもらいたい考え。内容は夫婦誕生日、贅沢ランチ、接待、夜景デートなど、アニメーションのドラマ仕立てにし、贅沢ランチの続編は今秋公開する。

一休がプロモーションにタクシーサイネージを活用するのは、「一休.comレストラン」が初めて。同社によると、レストラン予約は宿泊予約の「一休.com」に比べてスマートフォンからのアクセスが高い傾向があり、平均乗車時間18分と短いタクシーの利用時にスマホを使った予約誘導を図る。制作陣は、クリエイティブディレクターに数多くのCMや動画作品を手掛けてきた黒須美彦氏、イラストレーターにはアニメーターとしても活躍するサヌキナオヤ氏を起用した。

「一休.comレストラン」CM特集

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。