オンライン食体験が「GoToイベント」対象に、食文化で関係人口を創出、地域からの食材で調理法を学ぶ交流で

食コミュニティ「キッチハイク」を運営するキッチハイク社は、「GoToイベントキャンペーン」のイベント販売事業者兼主催者として認定された。これにより、同社が2021年9月1日以降に主催するオンライン「ふるさと食体験」でイベント参加費が最大20%引きとなる割引支援を受けられるようになった。

割引支援期間は2021年12月31日までの予定。 同社では「ふるさと食体験」を開催したい地方自治体や企業を募集する。

「ふるさと食体験」は、食と文化と交流を通して 関係人口と地域価値を創造する事業で、2017年2月から地方自治体との取り組みを開始。2020年5月からはオンラインでスタートした。これまで140回のイベントを開催し、延べ3100組が参加している。

オンラインイベントでは、参加者が地域から送られた食材を受け取り、地域の人や生産者から調理法を学ぶ。できあがった料理を楽しみながら、地域の食や文化について話を聞き、地域の人と交流する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。