フィンエアー、アメリカン航空など3社の大西洋路線の合弁事業に参入

フィンエアー/フィンランド航空(AY)は2013年後半、アメリカン航空(AA)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、イベリア航空(IB)が行なう大西洋路線での合弁事業に参加する。これにより、3社の大西洋路線、およびフィンエアーのニューヨーク=ヘルシンキ線でそれぞれコードシェアを実施。大西洋路線の拠点が42空港となり、北米=欧州間を1日最高102便運航するようになる。

また、各航空会社の料金と同一の条件となり、両社は4社チケットを組み合わせて購入することも可能。各社のFFPでマイレージ加算も可能となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…