デルタ、エコノミークラスで新たに「スリープキット」を提供、日本路線でも

デルタ航空(DL)はこのほど、長距離国際線のエコノミークラスの乗客向けに新たに「スリープキット」の提供を始めた。対象路線は、日本発着の米国本土路線、ハワイ路線、シンガポールおよびバンコク路線のほか、韓国、中国、オーストラリアと米国本土を結ぶ路線、大西洋路線などが含まれる。スリープキットには、アイマスクと耳栓が入っており、今年4月から機内での配布が始まっている。

また、機内サービスアイテムも強化。飛行時間が12時間以上の超長距離路線ではすでに昨年末からペットボトルを提供しているが、今年の夏までに他の長距離路線でも提供を開始する。さらに今年の夏までに、全国際線のエコノミークラスと米国内線のファーストクラスおよびエコノミークラスで配布している機内エンターテインメント用のイヤホンをアップグレードする。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。