ヤマハ、成田・関西空港で音声アナウンスをリアルタイムで文字化、「おもてなしガイド」で実証実験

ヤマハは、成田国際空港と関西国際空港で、ヤマハが開発した「おもてなしガイド」を活用した「音のユニバーサルデザイン化」に関する実証実験を実施する。成田では「成田国際空港×ヤマハSound UD化プロジェクト」として、関西では「関西国際空港×ヤマハSound UD化プロジェクト」として、それぞれ2015年9月1日から当面12月15日までの約3ヶ月間にわたり行う。空港の放送設備を利用した実証実験は今回が世界初になる。

ヤマハの「おもてなしガイド」は、外国人のみならず、音声を聴き取りづらい高齢者、聴覚障害者にもやさしい空港内アナウンスの実現するもの。実証実験の期間中、各空港の利用者は、空港内で対象となるアナウンスが流れている時に「おもてなしガイド」アプリを利用することで、インターネットに接続することなく、アナウンスの内容をスマートフォンで日本語を含む各対応言語の文字でリアルタイムに確認することが可能になる。実証実験の期間中、対象となるアナウンスと空港内での放送エリアを拡大していく。

また、実験期間中には、航空会社の協力のもと、自動放送だけではなく、係員が肉声で実施しているアナウンスの内容を多言語化された文字情報として提供する実験も予定。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。