紅葉の見ごろ予測2015、北海道はすでに落葉、京都・嵐山は11月22日頃から

ウェザーニューズは2015年11月5日、2015年の第3回紅葉見ごろ予想を発表した。

現状では西~東日本の山沿いや北陸では見ごろのピークに達しており、日光東照宮(栃木)、中津峡(埼玉)、御岳昇仙峡(山梨)、弥彦公園もみじ谷(新潟)などのスポットが紅葉狩りに最適な時期になったという。

全体状況としては、北海道ではすでに紅葉シーズンはほぼ完了となっている一方、東~西日本で11月の気温が高めとなる平野部は、やや遅い見ごろを迎える見通し。

ただし、11月の東~西日本の太平洋沿岸を中心に日照時間が平年よりも少なくなるため、鮮やかな紅葉には厳しい気象条件となる見込み。山沿いのほうが色づきの美しさを期待できるとしている。

ウェザーニューズ:発表資料より

同社が発表した「週末のおすすめスポット(関東・中部)」は以下のとおり。

ウェザーニューズ:発表資料より

直近の観光スポットでは、みやま公園(岡山)やべふ峡(高知)で11月7日頃から、袋田の滝(茨城)や芦ノ湖(神奈川)で11月8日頃から、比叡山延暦寺(滋賀)や深耶馬渓(大分)で11月9日頃から見ごろを迎える見通しとなっている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。