LCC8社が航空連合を設立、システム連結で乗継ぎなど予約・決済、日本からバニラエアが参画

アジア太平洋地域のLCC8社は2016年5月16日、LCCアライアンス「バリューアライアンス」を設立した。

メンバーは日本のバニラエアのほか、シンガポール拠点のスクート、タイガーエア・シンガポール、タイ拠点のノックエア、ノックスクート、フィリピン拠点のセブ・パシフィック航空、韓国拠点のチェジュ航空、オーストラリア拠点のタイガーエア・オーストラリア。アジア太平洋地域で160都市を174機で運航する規模となる。2015年には17拠点から4600万人以上が利用しており、世界最大のLCCアライアンスだと発表している。

バリューアライアンスではメンバー各社のネットワークを活かし、アジア太平洋地域での乗継ルートや利用便、運賃を提案。従来、困難だった異なる予約システムの連結を実現し、各メンバー社のサイトを経由して専用サイトで各社間の乗継旅程や他社の付帯サービスなどの予約・決済をワンストップで提供する。出発地と最終目的地の指定のみで、乗継ルートや利用便、最適な運賃を表示する仕組みだ。

システムは、イギリスの航空会社向けソフト開発会社のエア・ブラック・ボックス社の新技術で、IATA NDC(ニュー・デュストリビューション・ケーパビリティ)の公認予定。すでにスクートとノックエア、ノックスクートでは同システムを利用し、相互乗継予約を提供しているという。

バリューアライアンス(5月16日18時頃公開予定)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。