【新コラム】 旅に出たくなる動画のチカラ、岡山県観光連盟の「美しすぎる岡山」をピックアップ

「時空の旅おかやま」 ―美しすぎる岡山、タイムラプスで時空の旅

先日トラベルボイスでご紹介した宮崎県のプロモーション動画の「いいね」は5,000を突破しました。あらためて、動画のチカラはスゴイと感じる結果です。でも、いくらクオリティーが高く、訴求力のある動画でも、見られなければ、なんのチカラもありませんし、なんのプロモーションにもなりません。当たり前ですが。

さて、トラベルボイスでは新たに、注目の観光/旅行動画をご紹介するコラムを始めます。いわゆるキュレーション。キュレーターは、トラベルジャーナリストの山田友樹がつとめます。世の中に星の数ほど存在する動画のなかから、旅に出かけたくなる動画、旅に行った気になれる動画、何度も見返したくなる動画などを国内外を問わず探していきます。

第一回でご紹介するのは、岡山県観光連盟が制作した動画「時空の旅おかやま」。美しいです。タイムラプスを駆使した映像表現に思わず見入ってしまいます。映像美◎、テクニックも◎。ただし残念ながらYouTubeの再生回数は7000回にも達していません。

この動画では、瀬戸内市の虫明湾、総社市の鬼ノ城、真庭市の蒜山高原、高梁市の備中松山城、岡山後楽園、宇野港、津山市の津山城、倉敷美観地区、備前市の旧閑谷学校、美咲町の大垪和西棚田、新庄村の不動滝、瀬戸大橋、岡山城、新見市の大佐山、真庭市の醍醐桜。朝、昼、夜、山から海まで、3分30秒ほどで「晴れの国おかやま」をまるごと紹介しています。まずはご覧ください。


タイムラプス「時空の旅おかやま」 (Youtube:約3.5分)

―Timelapse Okayama "The Landscapes of OKAYAMA beyond Time and Space"

おそらくインバウンド向けに制作された動画だとは思いますが、日本人が見ても「やっぱり、日本っていい国だなあ」としみじみと思ってしまいます。インバウンド市場が拡大し、外国人旅行者向けに日本各地の露出が増えていますが、それは日本人にとって日本再発見の機会にもなります。「日本にこんなところがあったのか」と、国内旅行の需要喚起にもつながります。

素晴らしい動画を文章で描写するのは、ちょっと野暮ですね。動画には文章とは別次元の描写力があります。なにかと雑多な日常ですが、数分間だけでも動画のチカラを楽しんでもらえたら幸いです。次回も魅力的な映像をご紹介しますので、お楽しみに。

※「タイムラプス動画」とは、コマ送りや早回しのように表現された映像のこと。一定時間をごとに連続撮影した写真をつなげることで動画化し、短時間のなかに逆にゆったりとした時間の流れを演出できるのが特徴。

トラベルジャーナリスト 山田友樹

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。