ホテル・旅館向けに新たな宿泊管理サービス、国内外の集客で一元管理を可能に -昭文社子会社「トリプコン」がBtoB事業に参入

昭文社の子会社であるトリプコンは2016年11月22日、ホテルや旅館向けの宿泊管理プラットフォーム「トリプコンビズ」の販売を開始した。

トリプコンは観光分野に注力する昭文社が、従来のメディア事業の範疇だったタビマエ領域から、次の旅行のフェーズである予約周辺を取り込むべく立ち上げた社内ベンチャーとしてスタートし、今年2月に法人化。「旅の概念を変える」を企業理念に、7月には自然言語での検索を実現した旅行比較のメタサーチサイト「トリプコン」を開始した。同社として2弾目となる本サービスも、「技術レベルが圧倒的に違う」(取締役営業企画部長・櫻井義大氏)と自信を示す。

具体的には、売上、予約、客室、販売チャネルなどの管理や集客、分析など、これまで複数の企業が提供していた宿泊施設管理に係るサービスを簡素化し、一元管理を可能にしたのが特長。多言語化対応をはじめ、販売チャネルでは国内に加えて海外の事業者との連携も多く、インバウンドの集客にも強みを持つ。宿泊管理の各種機能を1か所にまとめるプラットフォームであり、海外にも幅広い接続を提供するのは「日本初」だという。

また、システム開発では、グローバルで大手ホテルチェーンに接続環境を提供してきたダービーソフト社と提携。ダービーソフト社がその技術を独立系施設向けにアレンジした新システム「ONE」を基盤に、トリプコンが日本の宿泊施設のニーズや課題を踏まえて日本市場向けにローカライズした。その一環として、タップやNECなど日系のPMS(宿泊管理システム)4社と共同開発を行ない、宿泊施設がPMSに入れた予約情報を一元管理し、国内外のチャネルと繋げる2ウェイ連携も実現している。

提供する基本機能は、上記PMSと国内外のOTAやBtoBホールセラー、自社ウェブサイトなどと連携する「チャネルマネージャー機能」、自社ウェブサイト開設・リアルタイム編集の「ダイナミックウェブサイト作成機能」、決済機能やメタサーチとの接続(要オプション契約)などが可能な「多言語予約エンジン機能」。

さらにオプション機能を用意し、近日中に「メタサーチマネージャー機能」「WeChat内予約ページ作成機能」「GDSコネクティビティ機能」「競合比較機能」などを実装する。これらの機能をスマートフォンのアプリのような感覚で選択可能とし、誰でも簡単に使用できるように視認性や操作性を簡易化したのも大きな特徴だという。

また、代表取締役社長の今井大輔氏が同日に開催した発表会で、同社の企業理念『旅の概念を変える』を実現するためには、「皆様の支援が必要」と、宿泊施設との関係を重視する姿勢を強調したように、今後も、各施設の要望や意見を踏まえ、マーケットの変化に対応しながら随時、プラットフォーム上に最新の機能を追加・変更していく。さらにリアルの旅行会社との接続など、提携先の拡充の可能性も言及した。

▼宿泊管理プラットフォーム「トリプコンビズ」のイメージ

img_5349-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。