シニアのスマホ保有は約4割、宿泊施設探しの情報源トップは宿泊予約サイトに軍配

シニア向け宿泊予約サイトを運営する「ゆこゆこ」はこのほど、50歳から70歳までの男女について、国内旅行動向調査を実施した。それによると、一泊当たりの宿泊費は前年から254円減少して平均1万2258円。外国人旅行者が団体旅行から個人旅行にシフトしたほか、宿泊施設が多様化したことで、ここ数年続いた上昇基調が一服し、料金の高騰は一段落となった。一泊当たりの宿泊費の遷移は以下のとおり。

ゆこゆこ:報道資料より

また、シニア層の旅行目的のトップは「お風呂や温泉」(65.2%)、「神社・仏閣・城の観光」(36.3%)となりいずれも4年連続増加。

スマートフォンの利用率は43.7%で3年連続で増加。スマホやタブレット端末の用途としては、天気予報の閲覧、電車や道路など交通情報の閲覧、地図・ナビゲーションの利用などが多く、タビナカでの積極利用も想定される。

宿泊利用を探す際の情報源や予約方法もネット経由が増加しており、情報源の最多は「宿泊予約サイト」で前年比2.1ポイント増の44.9%。特に50代女性は66%が利用する結果となった。予約方法は「宿泊施設のホームページで予約する」が前年比3.2ポイント増の42.2%。いずれも3年連続で増加した。

この調査は、沖縄県以外の46都道府県の男女のうち、過去1年以内に宿泊旅行をした人1278名が対象(出張・帰省を除く)。調査期間は2016年12月8日から14日まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。