開幕直前の「WIT Japan 2017」、オンライン旅行の国際会議で取り上げる最新プログラム発表

2017年6月に東京で開催されるオンライン旅行業界の国際カンファレンス「WIT JAPAN & NORTH ASIA」のプログラム詳細が発表された。

6月9日のメインカンファレンスは、LCCピーチ・アビエーションの井上慎一CEOのセッションからスタート。日本の内側と外側から航空業界を見続け、ブランド確立にチャレンジしてきた同氏ならではのメッセージが発せられる見通しだ。

続いて、日本政府観光局(JNTO)の吉田晶子氏が登壇。「日本のインバウンドの今」を俯瞰するスピーチをおこなう。

また、注目すべきは、日本のOTAビジネスをけん引するリーダーたちが語る「武士道精神の再創造」をテーマとするセッション。ここでは、楽天でトラベル事業を担う高野芳行執行役員、リクルートライフスタイルの宮本賢一郎執行役員、一休の榊淳代表、KDDIで新規ビジネス推進に携わる大野高宏ゼネラルマネージャー、i.JTBの執行役員三島健氏らが一同に集結。「壁を壊す」ことで世界をけん引してきた彼らのサムライ・スピリットを議論する。

そのほか、ホテル経営、航空マーケティング、民泊、旅行業界とAI、中国市場などをテーマに取り上げるセッションを予定。また、元エアアジア・エクスペディア(AAE)CEOで現在はエアアジア中国の代表を務めるキャスリーン・タン氏も登壇。日本も拠点にアジア各国でビジネスを確立してきた同氏の戦略に触れることもできる。

また、前日に開催される恒例のブートキャンプでは、日本や韓国におけるスタートアップの現状についてのセッションも開催。今年も恒例のスタートアップピッチも行われ、9日のメインカンファレンスで勝者が決定する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。