ハウステンボスが入場料を値上げ、2018年3月から1日パスポートなど100円分、新施設の運営開始などで

ハウステンボスは2018年3月1日より入場料金を改定する。ハウステンボス散策チケット(施設利用なしの入場チケット)は現行の大人1枚4400円から4500円に、1DAYパスポートも大人6900円から7000円に100円値上げ。そのほか、2DAY・3DAYパスポートやパスカード、公式ホテル宿泊者限定チケット、夕方からのチケットで大人・中人・小人・シニアすべての券種が100円値上げとなる。

ハウステンボスでは現在の入場料金設定以降、「VRの館」「バハムートディスコ」「VR-KING」といった新施設を運営開始。さらに2017年11月25日に「宮殿3Dプロジェクションマッピング」を、12月16日から「黄金の館」を公開予定。また、新たな取り組みとして無人島開発も進めているところ。

同社では、今回の料金改定をこうした場内環境の変化を受けたものと説明。今後もハウステンボスだけが提供できる体験をすべての顧客に向けて提供していきたいとしている。

改定前後の料金詳細は以下まで。

ハウステンボス ご来場ガイド

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…