東京タワーが年末年始ライトアップを発表、ハート出現やクリスマスの「レインボーダイヤモンドヴェール」など

クリスマス前後3日間限定の「レインボーダイヤモンド」

東京タワーがこのほど、今冬のイベント概要を発表した。まず、12月1日から25日までの間は、19時半の消灯(ライトダウン)時刻から15分間、大展望台にピンクのハートマークが出現するライティングショー「クリスマス・ライトダウンストーリー」を実施。「ライトが落ちて(消えて)恋に落ちる」をコンセプトとする、カップルにおすすめのイベントだ。

なお、現在進行中のリニューアル工事の関係で、通常は深夜におこなわれる消灯をこの時間帯におこなうもの。電車が動く時間帯に消灯する東京タワーを見るのはこの12月だけとなる。

また、12月23日から25日までの3日間、20時から23時までの3時間限定で「レインボーダイヤモンドヴェール」を点灯。タワー全体が7色の光で輝く。

その後、12月26日から30日までの16時から24時には、大展望台の南面(品川・横浜方面)に「2017」の文字を表示。2018年の三が日(1月1日から3日まで)の同時間帯には「2018」を表示する。さらに三が日の20時から22時には、年始限定のライティング「リボンゴールド・ダイヤモンドヴェール」を点灯する予定だ。

なお、31日の大みそかは、日没から23日までオレンジ色の「ランドマークライト」を点灯。その後、23時から元旦午前1時まではいったん消灯。その後午前1時から7時まで、再度「ランドマークライト」を点灯する。

なお、2017年11月から2018年2月28日までの毎日、東京タワー1階正面玄関前では、冬のイルミネーションを展開。合計約6万個のLED電球を利用し、オレンジ色やシャンパンゴールド、赤色、白色の4色で「オレンジガーデン・ライティングショー」を実施する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…