次世代通信「5G」でリアルタイム遠隔旅行、仮想現実(VR)活用で東京にいながら南三陸を疑似体験、KDDIが国内初開催

KDDIは東日本旅客鉄道(JR東日本)の協力のもと、上野駅で2018年1月25日~27日に開催される地域再発見プロジェクト「宮城産直市」で、次世代通信「5G」を使って上野駅と南三陸のさんさん商店街をリアルタイムで繋ぐ、現地体感イベントを行なう。

VR(ヴァーチャルリアリティ)を活用し、上野駅の特設会場の参加者が専用のVRゴーグルを装着。このゴーグルと、南三陸で現地ガイドが持つ4K解像度の360度カメラをリアルタイムで接続してガイドが案内することで、まるで上野駅にいながら南三陸を遠隔旅行し、現地商店街でのショッピングを疑似体験できるようにする。5Gを使った遠隔地のリアルタイムの双方向コミュニケーションを一般の人が体験するイベントは、今回が国内初だという。

KDDIでは今回のイベントで、ネットワーク上の伝送時間や高速・大容量通知の検証を実施。今後も5Gを活用した革新的サービスを体験できる機会を提供していく方針だ。

現地の疑似体験のイメージ:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。