JR東海、新幹線内の無料Wi-Fiを拡充、事前契約なしで利用可能に

JR東海は2018年夏より、新幹線車内や駅構内などでの無料WiFiサービスを拡充する。現在、新幹線車内Wi-Fiサービスは事前に事業者との契約が必要だが、新サービスでは事前の契約なしで、無料で利用可能となるもの。

対象は、同社が保有するN700Aタイプの車両すべて。2019年度冬期にはすべての車両で整備を完了する見通しだ。

また、特急「ひだ」車内でも同様の無料Wi-Fiサービスを開始。2018年夏から順次導入を開始し、2018年度末には全車両で対応完了となる見通し。

そのほか、2018年3月には、駅構内のサービスも充実。新幹線17駅の改札口やコンコース待合室付近、東海道本戦や御殿場線、身延線、中央本線、高山本線、紀勢本線、参宮線の主要24駅の改札口付近のアクセスポイント付近でも無料Wi-Fiサービスを利用可能とする予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。