徳島・美波町が「地方創生」を学ぶ視察型観光を企画、企業誘致の成功事例を紹介、秋祭り通じた人材交流も

徳島県美波町はこのほど、同町の地方創生の取り組みを学べる視察型観光を企画した。ベンチャー企業の進出やIT企業のサテライトオフィスなどを誘致した実績を持つ美波町が現地で事例紹介をおこなうもの。

美波町は人口7000名足らずの過疎地だが、2012年から行政と住民が一体となって地域振興策を推進。2017年時点で、企業誘致は徳島県最多の17社、関連移住者は70名以上におよぶという。

同町によれば、誘致の大きな要因となっているのが、地元のイベント「日和佐八幡神社秋祭り」。視察ツアーでは、祭りを通じて人々が交流して一体感を感じる様子も紹介する。

ツアーの提供者は任意団体の美波ローカルツアーズ(株式会社あわえ、美波町観光協会)と日和佐ちょうさ保存会。価格は1万円。移動手段や宿泊はは参加者自身が手配する必要がある。

問い合わせ先は美波ローカルツアーズ事務局(株式会社あわえ内、TEL:0884-70-5831、FAX:0884-70-5832、e-mail: info@awae.co.jp)。詳細は以下まで。

株式会社あわえ公式サイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。