検索タグ "地方創生"

徳島新聞社ら、「阿波おどり観覧シアター」を開業、廃校を活用、小学校運動場はオートキャンプ場に

徳島新聞社ら、「阿波おどり観覧シアター」を開業、廃校を活用、小学校運動場はオートキャンプ場に

徳島新聞社とエアトラベル徳島は、鳴門市の閉校となった2つの小学校・幼稚園の施設を活用して、阿波おどりを観覧できる観光施設「tonaru(トナル)」をオープン。鳴門市の地域活性化および徳島県の観光振興を進める。
福井県あわら市で「観光マッチングガチャ」、市民がディープな地域の魅力を紹介、交流疑似体験の仕掛けをカプセルに

福井県あわら市で「観光マッチングガチャ」、市民がディープな地域の魅力を紹介、交流疑似体験の仕掛けをカプセルに

福井県あわら市で同市の知られざるコンテンツを市民が紹介する「あわら観光マッチングガチャ」の提供を開始。市民との交流を疑似体験。
生産者と寄附者が直接つながる「ふるさと納税」で特許、寄付金の処理や送料計算などを自動化

生産者と寄附者が直接つながる「ふるさと納税」で特許、寄付金の処理や送料計算などを自動化

ふるさと納税サービス「ポケマルふるさと納税」が特許を取得。生産者の参画と返礼品の取り扱いが、自治体に過負荷をかけず可能になることが認められた。
JTBとJR東日本、中高生向けの探究学習プログラム開発、地域企業とつなぎ関係人口創出へ

JTBとJR東日本、中高生向けの探究学習プログラム開発、地域企業とつなぎ関係人口創出へ

JTBとJR東日本商事が中学生・高校生を対象とした「地域探究学習プログラム」を共同開発。「のもの」事業と連携。第一弾は八幡平を舞台に、サーキュラエコノミーをテーマとしたプログラム。
Jリーグ・アビスパ福岡、地域活性化事業を開始、スタジアム来訪のファン、アウェイサポーターの周遊促進

Jリーグ・アビスパ福岡、地域活性化事業を開始、スタジアム来訪のファン、アウェイサポーターの周遊促進

Jリーグのアビスパ福岡は、地域経済活性化を目的とした「福岡よか街発信隊プロジェクト!」を2024年5月3日から開始。アプリ「ユニタビ」を活用して、地域内の飲食や観光などの情報発信やスタジアムや地域内の周遊を祖寄進する。
北海道・富良野市、2024年度ワーケーション助成金制度を拡充、将来的な移住やベンチャー誘致に助成手厚く

北海道・富良野市、2024年度ワーケーション助成金制度を拡充、将来的な移住やベンチャー誘致に助成手厚く

富良野市が2024年度のワーケーション助成金制度の受付を開始した。将来的な移住、ローカルベンチャー、空き家スペースの活用など、関係人口から定住人口、企業誘致に力を入れる。
築400年の香川県「丸亀城」に泊まる体験、7月から開始、一泊126万円、インバウンドに期待

築400年の香川県「丸亀城」に泊まる体験、7月から開始、一泊126万円、インバウンドに期待

香川県丸亀市の丸亀城で7月からスタートする丸亀城泊「丸亀城キャッスルエクスペリエンス」。築城400年の丸亀城で歴史と文化が丸ごと体験できる。
Z世代の旅行意識を7タイプで分析、地域への貢献・交流・体験を求める傾向、働き方の変化で地域が身近な存在に

Z世代の旅行意識を7タイプで分析、地域への貢献・交流・体験を求める傾向、働き方の変化で地域が身近な存在に

じゃらんリサーチセンターは、Z世代の「地域体験交流」について、「じゃらん宿泊旅行調査2023」のデータから分析。交流・体験といった地域でのかかわりを求める傾向が強く、移住を考える旅も実施段階に入っていることが伺える結果に。
ふるさとチョイス、旅行情報コンテンツを拡充、地域の体験型返礼品の人気の高まりで

ふるさとチョイス、旅行情報コンテンツを拡充、地域の体験型返礼品の人気の高まりで

「ふるさとチョイス」は、旅行体験を紹介するサービス「きふたび」を「チョイストラベル」にリニューアルし、旅行情報を提供するコンテンツ「トラベルガイド」をオープン。
大阪府・泉佐野青年会議所、地域の飲食店にインバウンド誘客、宿泊事業者とも連携

大阪府・泉佐野青年会議所、地域の飲食店にインバウンド誘客、宿泊事業者とも連携

大阪府泉佐野市の泉佐野青年会議所は、スマートフォンアプリでインバウンド誘客による地域活性化を目指す事業を展開。
民泊エアビー、日米間の地方観光交流プログラムに100万ドル拠出、日本の観光事業者など米国に派遣

民泊エアビー、日米間の地方観光交流プログラムに100万ドル拠出、日本の観光事業者など米国に派遣

エアビーアンドビー(Airbnb)は、日米間の地⽅観光交流プログラムに100万ドル(約1億5300万円)の資⾦を拠出。2024年から2025年にかけて、⽇本から15~20 ⼈の⽇本の観光事業者などを⽶国に派遣。
東京都神津島、観光DXモデル構築へ、NTT東日本、ANA、テレビ朝日と連携で3つの取り組み

東京都神津島、観光DXモデル構築へ、NTT東日本、ANA、テレビ朝日と連携で3つの取り組み

東京都神津島は、NTT東日本、ANA NEO、ANA X、テレビ朝日と連携し、観光分野で新たに3つの取り組みを開始。メタバース「ANA GranWhale」、アプリ「ANA Pocket」を活用。テレビ朝日は星空コミュニティの構築で関係人口を創出する。
保育園留学のキッチハイク社、受入れ拠点を拡大、体制強化で地域創生事業・支援ソリューション提案も

保育園留学のキッチハイク社、受入れ拠点を拡大、体制強化で地域創生事業・支援ソリューション提案も

キッチハイク社は、りそな銀行からの融資を受け、「保育園留学」の受け入れ拠点を拡大するとともに、地域創生事業・支援ソリューションを提案し、地域活性化を支援していく。
HIS、ご当地VTuberのNFTアートを販売、カプセルトイ方式で、関係人口のきっかけづくりに

HIS、ご当地VTuberのNFTアートを販売、カプセルトイ方式で、関係人口のきっかけづくりに

エイチ・アイ・エス(HIS)は、「ご当地VTuber図鑑」とのコラボレーションで、全国のご当地情報を発信するVTuberのNFTアートの販売を開始。全国各地の関係人口を増やすことを目指す。
歴史まちづくり計画、長野市や郡上市、名古屋市など第2期認定、環境整備や住民の機運醸成

歴史まちづくり計画、長野市や郡上市、名古屋市など第2期認定、環境整備や住民の機運醸成

文部科学省、農林水産省、国土交通省は、長野県長野市、岐阜県郡上市、愛知県名古屋市、奈良県斑鳩町、福岡県添田町、大分県竹田市の歴史まちづくり計画(第2期)を認定した。
EYストラテジー、北海道Fビレッジと提携、スタジアムを核としたまちづくりでノウハウ共有

EYストラテジー、北海道Fビレッジと提携、スタジアムを核としたまちづくりでノウハウ共有

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)は、「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(Fビレッジ)」を運営するエスコンスポーツ&エンターテイメント(ESE)と提携。スタジアム・アリーナを核とした街づくりでノウハウを共有。
日本テレビ、農園リゾートと資本業務提携、コンテンツ制作力で体験価値を向上、地方放送局との共創も視野

日本テレビ、農園リゾートと資本業務提携、コンテンツ制作力で体験価値を向上、地方放送局との共創も視野

日本テレビが農園リゾートを運営するザファームと資本業務提携。テレビのコンテンツ制作力と組み合わせることで、非日常の体験価値を生み出し、地方創生を図る。
福井県の地銀と新聞社が立ち上げた地域アプリ、設立の背景からオープンデータ化、地域通貨やMaaS機能まで聞いてきた

福井県の地銀と新聞社が立ち上げた地域アプリ、設立の背景からオープンデータ化、地域通貨やMaaS機能まで聞いてきた

福井銀行と福井新聞社は、DXで地域のウェルビーイングを高めていくことを目的に「ふくいのデジタル」を設立した。そこから取得するデータを活用して、地域課題の解決にも取り組んでいる。
北アルプス国際芸術祭2024、長野県大町市で9月から開催、アートを通じた関係人口の拡大へ

北アルプス国際芸術祭2024、長野県大町市で9月から開催、アートを通じた関係人口の拡大へ

「北アルプス国際花術祭2024」が2024年9月13日~11月4日にかけて、長野県大町市で開催される。期間中、地元ガイドと作品を巡るオフィシャルツアーも実施。交流・関係人口の増加や地域消費の拡大にもつなげる。
DMO主体のライドシェアが本格始動、石川県加賀市がUberと連携、北陸新幹線駅に専用乗り場

DMO主体のライドシェアが本格始動、石川県加賀市がUberと連携、北陸新幹線駅に専用乗り場

石川県加賀市は、Uberとの連携で「加賀市版ライドシェア」の本格運⾏を開始。北陸新幹線開業に向けて、二次交通の課題解決に取り組む。対価はタクシー運賃の8割。まずドライバー14人で開始し、当面は50人の登録を目指す。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…