検索タグ "経営戦略、事業計画"

JAL、「空飛ぶクルマ」事業を2025年に開始へ、大阪府の実証実験に採択、大阪万博でのサービス提供を計画

JAL、「空飛ぶクルマ」事業を2025年に開始へ、大阪府の実証実験に採択、大阪万博でのサービス提供を計画

JALが空飛ぶクルマの実現に向け、大阪で実証実験。全国の自治体へのバーチャルフライト体験の提供による期待度調査も実施。
ホテル屋外に上質な宿泊空間を提供する事業が資金調達、アスクル創業者らから、人材に投資へ

ホテル屋外に上質な宿泊空間を提供する事業が資金調達、アスクル創業者らから、人材に投資へ

アウトドア型宿泊サービス「TENAR The Outdoor Hotel」を展開する「CoutryWorks」はシードラウンドでの資金調達を実施。長期的にTENAR事業の事業マネージャーとなる人材を募集する。
空港送迎予約「SmartRyde」が約1.8億円を資金調達、地元タクシー事業者とOTAをつなぐ、制限緩和エリアなどの需要を掴み事業成長へ

空港送迎予約「SmartRyde」が約1.8億円を資金調達、地元タクシー事業者とOTAをつなぐ、制限緩和エリアなどの需要を掴み事業成長へ

空港送迎予約のSmartRydeが1.8億円の資金調達を完了。カリブなど入国制限を緩和したエリアで海外旅行客の需要獲得。
クルーズのゆたか倶楽部、保育事業に参入、来年4月に英語教育型の保育園を開園、旅行事業と2本柱で事業再構築

クルーズのゆたか倶楽部、保育事業に参入、来年4月に英語教育型の保育園を開園、旅行事業と2本柱で事業再構築

クルーズのゆたか倶楽部は、英語教育型保育園「English Schoolイマジン JAPAN」を2022年4月に開園する。保育分野への新規参入で、旅行業事業との2本柱で事業再構築を目指す。
HISハワイ法人が現地で新会社、不動産や企業進出の支援事業を展開、旅行でないコンシェルジュ需要の開拓へ

HISハワイ法人が現地で新会社、不動産や企業進出の支援事業を展開、旅行でないコンシェルジュ需要の開拓へ

HISハワイ法人がハワイでのコンシェルジュサービスやハワイ・日本への進出支援、不動産事業を展開する総合サービス会社「HAWAII SQUARE」を設立し、本格的に事業展開する。
中堅・中小企業経営者対象、ベネフィット・ワン社長に聞く「急成長企業の戦略」 ―日本M&Aセンターがウェビナー開催(PR)

中堅・中小企業経営者対象、ベネフィット・ワン社長に聞く「急成長企業の戦略」 ―日本M&Aセンターがウェビナー開催(PR)

2021年10月12日(火)、中堅・中小企業経営者対象オンラインセミナー「ベネフィット・ワン社長 白石氏に聞く!『トップランナーから学ぶ、成長戦略のヒント』」を実施。日本M&Aセンター主催。オンデマンド配信も予定。
米フロリダ「ディズニー・ワールド」が開園50周年、新アトラクションが続々登場、新テクノロジー導入でパーク体験を豊かに

米フロリダ「ディズニー・ワールド」が開園50周年、新アトラクションが続々登場、新テクノロジー導入でパーク体験を豊かに

米フロリダ州「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」が2021年10月1日に開園50周年。18ヶ月間にわたって「世界で一番マジカルなセレブレーション 」を展開し、新しいアトラクションやショーも続々と登場する。
日本郵政、「かんぽの宿」32施設を4社に譲渡、総評価額は約88億円、コロナ禍による経営悪化で決断

日本郵政、「かんぽの宿」32施設を4社に譲渡、総評価額は約88億円、コロナ禍による経営悪化で決断

日本郵政は、同社が保有する宿泊施設「かんぽの宿」のうち32施設を4社に譲渡する。譲渡評価は総額約88億円。新型コロナウイルスの影響で昨年度は約113億円の経常損失を計上していた。
エクスペディア、全ブランドの会員向けサービスを統合、共通の限定割引やポイント交換機能など

エクスペディア、全ブランドの会員向けサービスを統合、共通の限定割引やポイント交換機能など

エクスペディア・グループは、現在ブランドごとに分かれている会員向け特典プログラムを統一し、全ブランドを対象とした会員特典を大幅に拡大。
【人事】KNT-CTホールディングス、役員の担当業務変更などと組織改正を発表

【人事】KNT-CTホールディングス、役員の担当業務変更などと組織改正を発表

KNT-CTホールディングスは2021年10月1日付で新・近畿日本ツーリスト発足に伴うグループ事業戦略本部の廃止、大阪・関西万博事業準備室の設置など組織改正。役員人事も発表。
世界大手IRメルコリゾーツ、横浜市でのIR開発から撤退を正式発表、新市長の誘致撤回表明を受けて

世界大手IRメルコリゾーツ、横浜市でのIR開発から撤退を正式発表、新市長の誘致撤回表明を受けて

メルコリゾーツ&エンターテインメントは、横浜新市長のカジノを含むIRの誘致撤回を表明を受けて、 横浜市における統合型リゾート開発の権利取得に向けた活動を中止すると発表。
JAL、劣後ローンなどで3000億円の資金調達、CO2排出量削減する航空機の導入や、レベニューマネジメントシステムの刷新などに充当

JAL、劣後ローンなどで3000億円の資金調達、CO2排出量削減する航空機の導入や、レベニューマネジメントシステムの刷新などに充当

JALは、劣後ローンと劣後債の発行によって、総額3000億円程度の資金調達を実施する。 A350-1000 型航空機の導入や国内線におけるレベニューマネジメントシステムの刷新などに充当。
JR西日本、新株発行で約2800億円を資金調達、まちづくりなどの成長戦略や財務体質の強化へ、昨年度の赤字は2300億円

JR西日本、新株発行で約2800億円を資金調達、まちづくりなどの成長戦略や財務体質の強化へ、昨年度の赤字は2300億円

JR西日本は新株発行で約2800億円を資金調達する。地域共生まちづくりや観光需要の創出などの成長戦略の推進やコロナ禍での財務体質の改善を図る。2020年度月期決算は2332億円の純損失。
JTB、福利厚生事業会社をベネフィット・ワン社に150億円で売却

JTB、福利厚生事業会社をベネフィット・ワン社に150億円で売却

JTBは、ベネフィット・ワンと事業提携契約を締結し、福利厚生事業などを展開するJTBベネフィットの全株式をベネフィット・ワンに譲渡。法人に向けたソリューション強化と営業拡大を目指す。
日本旅行と旅工房、共同出資で新会社、Z世代の販売シェア拡大へ、日本人の海外旅行とインバウンドで

日本旅行と旅工房、共同出資で新会社、Z世代の販売シェア拡大へ、日本人の海外旅行とインバウンドで

日本旅行と旅工房は、若年層獲得を目的に共同出資による合弁会社「ミタイトラベル」を9月に設立する。資本金は9000万円で、持ち株比率は旅工房65%、日本旅行35%。
カンタス航空、今年12月にも日本路線を再開へ、ワクチン接種率の高い国から国際線を先行再開

カンタス航空、今年12月にも日本路線を再開へ、ワクチン接種率の高い国から国際線を先行再開

カンタス航空グループは、2021年12月中旬を目処に、まずワクチン接種率の高い米国、イギリス、日本、シンガポール、カナダへの路線から運航を再開する。オーストラリアはワクチン接種が80%に達する12月にも国境を再開へ。
中国大手OTAシートリップ、法人部門がアマデウスとの戦略的パートナーシップを更新、予約可能な宿泊施設は約100万軒

中国大手OTAシートリップ、法人部門がアマデウスとの戦略的パートナーシップを更新、予約可能な宿泊施設は約100万軒

シートリップ・コーポレート・トラベルは、アマデウスとの戦略的パートナーシップを更新。およそ100万軒の在庫を有するプラットフォームから、リアルタイム価格での宿泊施設の予約が可能。
 国内スキー場の連携広がる、宮城蔵王と長野県などの8カ所、冬期の誘客の強化で

国内スキー場の連携広がる、宮城蔵王と長野県などの8カ所、冬期の誘客の強化で

日本スキー場開発(NSD)と宮城蔵王観光が運営する「みやぎ蔵王えぼしリゾート」は、集客や運営などに関するアライアンス・パートナーリゾート契約を締結。連携した営業活動を実施し、誘客を強化していく。