検索タグ "経営戦略、事業計画"

体験ツアー「ベルトラ」、二木社長が「旅行会社になるな」と社員に伝えた理由と、国内タビナカ事業者が稼ぐ手法・課題を聞いてきた

体験ツアー「ベルトラ」、二木社長が「旅行会社になるな」と社員に伝えた理由と、国内タビナカ事業者が稼ぐ手法・課題を聞いてきた

コロナ禍で、海外現地ツアーの販売がままならず、一時は売上の99%が消滅したベルトラ社。国内タビナカへの参入で見出した課題と新たな可能性とは?
世界20か国の企業経営陣が感じるリスク、環境対策でのトップは「顧客喪失」と「ブランド力の低下」、ESG経営では人材に課題

世界20か国の企業経営陣が感じるリスク、環境対策でのトップは「顧客喪失」と「ブランド力の低下」、ESG経営では人材に課題

EYとハーバード・ロースクールが実施した調査によると、企業の法務部門や経営陣のサステナビリティ施策に対する評価が不十分である実態が明らかに。所属する企業が環境目標を明確に定義していると答えた法務統括責任者は22%どまり。
オリックス、ホテルズ事業でブランド構成を拡充、「旅館コレクション」には地域の歴史ある施設

オリックス、ホテルズ事業でブランド構成を拡充、「旅館コレクション」には地域の歴史ある施設

ORIX HOTELS & RESORTSは、ブランドポートフォリオを拡充。新たに「旅館コレクション」と「クロスライフ」をブランドを追加、ポートフォリオを「ブランドシリーズ」と「単館シリーズ」に分類。
アパホテル、新体制移行で新たな中期5ヶ年計画を発表、「アパ直」のOTA化など

アパホテル、新体制移行で新たな中期5ヶ年計画を発表、「アパ直」のOTA化など

アパホテルが新体制下で5年間の中期計画を発表。客室数を現在の1.5倍に拡大へ。
民泊エアビー、世界の自治体とリモートワーカー誘致で協力、働き場所や居住地を自由に選べる働き方改革も

民泊エアビー、世界の自治体とリモートワーカー誘致で協力、働き場所や居住地を自由に選べる働き方改革も

エアビーアンドビー(Airbnb)は、同社の従業員に対して、働き場所や居住地を自由に選択できる人事制度を始める。
KNT-CT、資本金を1億円に減資、2023年度通期は黒字化予想、店舗や支店の縮小で赤字幅も大幅圧縮

KNT-CT、資本金を1億円に減資、2023年度通期は黒字化予想、店舗や支店の縮小で赤字幅も大幅圧縮

KNT-CTホールディングスの2021年度の連結営業業績を発表。赤字幅も大幅圧縮。2023年度は純利益40億円の黒字化を見込む。資本金の額を1億円へ減資する方針発表。
JTBアセットマネジメントが合弁会社化、日本管財に株式一部譲渡、不動産関連事業を強化

JTBアセットマネジメントが合弁会社化、日本管財に株式一部譲渡、不動産関連事業を強化

JTBアセットマネジメントが合弁化。日本管財との協業で、ワーケーション環境整備、自治体向け不動産利活用などの業容を促進する。
ハイアット、新たに「オールインクルーシブ(すべて込み)」テーマでホテルコレクションを立ち上げ

ハイアット、新たに「オールインクルーシブ(すべて込み)」テーマでホテルコレクションを立ち上げ

ハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツは、9つの高級オールインクルーシブ・リゾート・ブランドからなる「インクルーシブ・コレクション」を立ち上げ。
香港政府観光局、旅行者復活に向けた復興プランを発表、新たな視点の魅力発信、大規模イベントも段階的再開へ

香港政府観光局、旅行者復活に向けた復興プランを発表、新たな視点の魅力発信、大規模イベントも段階的再開へ

香港政府観光局は、旅行業界向けイベント「ツーリズムアップデート」をオンライン開催。リバイバルプランを発表。
カナダ観光局、観光客誘致の戦略を転換、「再生型観光」でサステナブル観光の次のレベルへ

カナダ観光局、観光客誘致の戦略を転換、「再生型観光」でサステナブル観光の次のレベルへ

カナダ観光局の国際担当副社長モリーン・ライリー氏が来日。今後の観光客誘致で旅行者と地域の満足度を訴求する「再生型観光」に舵を切る戦略を説明。
エクスペディアが新戦略を発表、事業者向け旅行販売のプラットフォーム立ち上げ、ユーザー向けには価格追跡など機能向上

エクスペディアが新戦略を発表、事業者向け旅行販売のプラットフォーム立ち上げ、ユーザー向けには価格追跡など機能向上

エクスペディア・グループが、3つの新戦略を発表。BtoB向けにオンライン旅行販売プラットフォーム提供や顧客体験を数値化。ユーザー向けに旅行比較機能や価格追跡の機能をアップデート。
 JALグループ、 2022年はESG戦略を成長の軸に、フルサービスの収益改善やLCCの規模倍増も

JALグループ、 2022年はESG戦略を成長の軸に、フルサービスの収益改善やLCCの規模倍増も

JALグループは、「2021-2025年度 JALグループ中期経営計画ローリングプラン2022」を策定。ESG戦略を2030年に向けた成長戦略と位置付け。フルサービスキャリア事業の収益性改善やLCC事業の規模倍増も。
HISの電力事業会社、全株式を光通信子会社へ譲渡、両グループ間の業務提携も予定

HISの電力事業会社、全株式を光通信子会社へ譲渡、両グループ間の業務提携も予定

エイチ・アイ・エス(HIS)は、同社連結子会社のHTBエナジーの全株式を光通信の連結子会社HBDへ譲渡する契約を締結したと発表。締結に合わせて、光通信のグループ各社とHISグループ間での業務提携も予定。
GW開業の新たなグランピング施設を取材した、ドーム型テントにプール付きヴィラタイプ、ワーケーション対応も

GW開業の新たなグランピング施設を取材した、ドーム型テントにプール付きヴィラタイプ、ワーケーション対応も

コロナ禍で宿泊業界の勢力を広げているグランピング。GWに開業した新施設を取材した。
大阪万博2025、ブランディング推進デザインを発表、コンセプトは「いのちの循環」

大阪万博2025、ブランディング推進デザインを発表、コンセプトは「いのちの循環」

2025年開催の大阪・関西万博のデザインシステムが決まった。コンセプトは、「Circulation of Lives いのちの循環」。
日本政府観光局、2022年度の取り組み策定、デジタル・⾼付加価値旅⾏・サステナブル観光など強化

日本政府観光局、2022年度の取り組み策定、デジタル・⾼付加価値旅⾏・サステナブル観光など強化

日本政府観光局(JNTO)は、「2022年度の主な取組」を策定。機動的なプロモーション、⾼付加価値旅⾏の推進、サステナブル観光およびアドベンチャーツーリズム推進など。
星野リゾート、6つの小市場への新マーケティング施策を発表、会員制度・サブスク・旅先ワークプレイスの提供など

星野リゾート、6つの小市場への新マーケティング施策を発表、会員制度・サブスク・旅先ワークプレイスの提供など

星野リゾートが新たなマーケティング施策を発表。初の会員プログラムやビジネス客を狙った企業連携など。
欧州の旅行大手TUI社が大量採用を開始、旅行事業の回復見込み、技術系人材や現地ツアーガイドなど1500人

欧州の旅行大手TUI社が大量採用を開始、旅行事業の回復見込み、技術系人材や現地ツアーガイドなど1500人

欧州大手旅行会社TUIは、アフターコロナでの旅行事業回復を見込み、約1500人を新たに雇用。データ分析などの技術系や現地ガイドツアーなど。
HIS、連結子会社HTBエナジーを売却へ、債務超過の電力事業から撤退

HIS、連結子会社HTBエナジーを売却へ、債務超過の電力事業から撤退

エイチ・アイ・エス(HIS)が、連結子会社で電力小売事業を展開するHTBエナジーを売却へ。事業環境の悪化で、2021年9月期には99億6600万円の赤字を計上、債務超過に陥っていた。
クラブツーリズム、産業競争力強化法「事業再編計画」で認定、登録免許税の軽減へ

クラブツーリズム、産業競争力強化法「事業再編計画」で認定、登録免許税の軽減へ

観光庁は、クラブツーリズムから申請のあった産業競争力強化法に基づく「事業再編計画」を認定。同社は事業の再編に係る登録免許税の軽減措置を受けることが可能に。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…