検索タグ "税制"

無人自販機でも免税品販売を可能に、本人確認は顔認証など、2020年度税制改正大綱で決定

無人自販機でも免税品販売を可能に、本人確認は顔認証など、2020年度税制改正大綱で決定

2019年12月12日、2020年度税制改正大綱として、「外国人向け免税制度の拡充」を承認した。免税販売手続きが可能な一定基準を満たす自動販売機を設置した場合、販売員などの人員配置を不要とするもの。
イベントなどで「臨時免税店」設置を可能に、新制度創設でインバウンド消費拡大へ、与党が2019年度税制改正大綱で

イベントなどで「臨時免税店」設置を可能に、新制度創設でインバウンド消費拡大へ、与党が2019年度税制改正大綱で

与党が2018年12月14日、税制改正大綱を発表。2019年(平成31年度)、外国人旅行者向け消費税免税制度の拡充策として、臨時免税店制度を創設をおこなうことが決定。
来年から一律1000円徴収される出国税を「知らなかった」が3割、反対派が過半数、海外旅行の回数は「減らない」も過半数に

来年から一律1000円徴収される出国税を「知らなかった」が3割、反対派が過半数、海外旅行の回数は「減らない」も過半数に

2019年1月に適用される国際観光旅客税(出国税)法の認知度は72.2%。オンライン旅行サービス「エアトリ」調べ。
バスの運転手に支払うチップは交際費になる? ―交際費への3つの質問

バスの運転手に支払うチップは交際費になる? ―交際費への3つの質問

税理士の菊池美菜氏による好評のコラム。今回は交際費の具体的な事例について。バスやタクシーなどのドライバーに渡すチップ(寸志)は交際費、団体旅行の下見の場合は?
交際費の改正で交際費の適用範囲が拡大、中小企業は800万円まで全額経費に

交際費の改正で交際費の適用範囲が拡大、中小企業は800万円まで全額経費に

税理士の菊池美菜氏による好評のコラム。今回は交際費について。近年、交際費の適用範囲が広がりつつあり、2014年の改正では大企業・中小企業ともに経費に組み込むことが有利に。
海外で現地の医療機関に支払った医療費は控除の対象になる?

海外で現地の医療機関に支払った医療費は控除の対象になる?

税理士の菊池美菜氏による好評のコラム。今回は海外旅行中の医療費について。現地の医療機関に支払った医療費は医療費控除の対象になり、申請などについて解説。
外国企業との契約書に収入印紙は必要か?

外国企業との契約書に収入印紙は必要か?

税理士の菊池美菜氏による好評のコラム。今回は収入印紙について。国内企業同士の契約書には必要な収入印紙、外国企業との契約書の場合は作成場所がポイントに。
外国人の所得税、課税範囲の基準となる「居住者」と「非居住者」とは?

外国人の所得税、課税範囲の基準となる「居住者」と「非居住者」とは?

税理士の菊池美菜氏による好評のコラム。今回は、近年増加している外国人雇用や業務委託での所得税について。日本国内で外国人に仕事を依頼、報酬を支払った場合の課税基準を整理。