検索タグ "現地情報"

タイ、ゴルフ場で2週間の自主隔離を可能に、隔離中のプレイやリゾート内の移動も

タイ、ゴルフ場で2週間の自主隔離を可能に、隔離中のプレイやリゾート内の移動も

タイは、海外旅行者向けに自主隔離可能なゴルフリゾート6ヶ所を指定。2週間の隔離中、ゴルフをプレイできるだけでなく、リゾート敷地内の移動も可能。
大井川鐵道、GoToトラベル停止でSL列車「かわね路号」を全便運休、正月イベントも延期

大井川鐵道、GoToトラベル停止でSL列車「かわね路号」を全便運休、正月イベントも延期

大井川鐵道のSL列車「かわね路号」、Go Toトラベル事業の一時停止措置を受け、2020年12月28日から2021年1月11日までの期間、全便運休。1月1日から3日まで予定していた新春開運号イベントも延期に。
豪グレートバリアリーフでサンゴが一斉産卵、白化現象から力強い回復力、州政府観光局が発信

豪グレートバリアリーフでサンゴが一斉産卵、白化現象から力強い回復力、州政府観光局が発信

豪クイーンズランド州のグレートバリアリーフ全域にて12月4日から6日にかけて世界最大のサンゴの一斉産卵が確認された。浅瀬のサンゴはここ数年の白化現象で大きな打撃を受けたと言われており、そのなかで、今回の一斉産卵は、サンゴ自体の回復力示すものとなった。
世界のGoToトラベル類似事例を調べてみた - バウチャー型から減税型まで - トラベルボイス調査レポート2020

世界のGoToトラベル類似事例を調べてみた - バウチャー型から減税型まで - トラベルボイス調査レポート2020

日本では、GoToトラベルによって国内旅行の需要を喚起しているが、世界でも同様の施策を展開しているところは多い。トラベルボイスが、各国の手法や事例をまとめた。
静鉄観光サービス、来年3月末で営業終了、コロナの影響大きく事業継続困難と判断

静鉄観光サービス、来年3月末で営業終了、コロナの影響大きく事業継続困難と判断

静鉄観光サービスが、2021年3月31日で営業を終了へ。取扱高減少が続くなか、新型コロナウイルスの影響が大きく。新規受け付けは今年12月末まで。
熊本・新阿蘇大橋の開通へカウントダウン、観光復興を目的にキャンペーン展開へ、来年3月の開通に向けて

熊本・新阿蘇大橋の開通へカウントダウン、観光復興を目的にキャンペーン展開へ、来年3月の開通に向けて

「新阿蘇大橋活性化協議会」は、2021年3月の「新阿蘇大橋 (仮称)」の開通に向けて、観光客誘致を目的に「新阿蘇大橋 開通カウントダウンキャンペーン」を展開。観光の復興を目的にスタンプラリーやリアルすごろくなどのイベントを開催。
静岡県の空間貸出し体験プログラム「茶の間」、コロナ禍で利用者増加、県外、若者に人気、ウェディングプランもスタート

静岡県の空間貸出し体験プログラム「茶の間」、コロナ禍で利用者増加、県外、若者に人気、ウェディングプランもスタート

するが企画観光局が提供する「茶の間」の予約がコロナ禍で好調。今年7月7日から県外の予約を再開して以降、利用者は10月20日現在で約1200人。「ウェディングプラン」は、サービス開始から3週間で7件(県外6件)の予約。
ドイツ観光局、外国人観光客の回復見込み後退を予測、感染再拡大で、欧州周遊から1国滞在型に旅行トレンドも変化か

ドイツ観光局、外国人観光客の回復見込み後退を予測、感染再拡大で、欧州周遊から1国滞在型に旅行トレンドも変化か

ドイツ観光局がインバウンド市場の回復の見通しを説明。主要マーケットである業務渡航の回復が遅れるとの予測のため、2023年でも2019年比84%にとどまるとの見通し。
九州で移動型ワーケーションの実証実験、キャンピングカーで移動しながら、ハウステンボスで滞在型も

九州で移動型ワーケーションの実証実験、キャンピングカーで移動しながら、ハウステンボスで滞在型も

九州周遊観光活性化コンソーシアムは、ハウステンボスおよび 有田焼窯元と連携し、移動型・滞在型ワーケーションプラン「九州バケワーク」の実証を実施する。
香港政府観光局、観光事業者に衛生対策ロゴ付与、基準ガイドラインを設定、参画事業者に旅行者受け入れ再開に向け

香港政府観光局、観光事業者に衛生対策ロゴ付与、基準ガイドラインを設定、参画事業者に旅行者受け入れ再開に向け

香港政府観光局が衛生対策基準実施要項を発表。対象は、ショッピングモール、ホテル、レストラン、小売業、バス会社、観光施設、旅行代理店など。事業者は実施要項への参加を示すロゴを掲示。
オーストラリア、日本・シンガポール・韓国への国際線再開へ、来年にはさらに対象国を拡大

オーストラリア、日本・シンガポール・韓国への国際線再開へ、来年にはさらに対象国を拡大

オーストラリアは、日本、シンガポール、韓国への国際線再開に向けて動き出す。10月16日からニュージーランドからの旅行者に対して隔離措置を免除。来年には拡大へ。
香港とシンガポール、「トラベルバブル(近隣の域内旅行)」開始、陰性証明で隔離措置なしの往来を可能に

香港とシンガポール、「トラベルバブル(近隣の域内旅行)」開始、陰性証明で隔離措置なしの往来を可能に

香港とシンガポールが「トラベルバブル」を開始。渡航には相互に認可された試験を受け、陰性証明が必要。
紅葉の見ごろ予想2020、東・西日本は平年並み、高尾山は11月18日頃、京都・嵐山は11月20日頃から

紅葉の見ごろ予想2020、東・西日本は平年並み、高尾山は11月18日頃、京都・嵐山は11月20日頃から

ウェザーニューズは、「第二回紅葉見頃予想」を発表。東日本、 西日本の多くの地点では平年並の時期に見頃を迎えるとの見込み。日光いろは坂は10月20日頃、高尾山は11月18日頃、嵐山は11月20日頃に見頃迎えると予想。
別府市、LINE観光アカウント開設、温泉スポット検索や湯めぐりスタンプラリーを提供、市民やファンのおすすめルートも

別府市、LINE観光アカウント開設、温泉スポット検索や湯めぐりスタンプラリーを提供、市民やファンのおすすめルートも

LINE Fukuokaは、別府市で、温泉や観光スポットの検索や湯めぐりスタンプラリーなどの機能を搭載したLINE公式アカウント「別府市観光アカウント」を開設。新たな観光地開拓やリピーター拡大を目指す。
タヒチ、観光再開後のキャンセル料免除を来年3月末まで延長、2022年3月まで価格据え置きも

タヒチ、観光再開後のキャンセル料免除を来年3月末まで延長、2022年3月まで価格据え置きも

タヒチは、旅行予約のキャンセル規定の優遇措置を2021年3月31日まで延長。2021年6月30日までのフランス領ポリネシア内の旅行に適用。
中国で国慶節の大型連休がスタート、国内旅行者は前年比減も6億人に、鉄道の利用予測は1億人超え

中国で国慶節の大型連休がスタート、国内旅行者は前年比減も6億人に、鉄道の利用予測は1億人超え

中国で10月1日から国慶節の大型連休がスタート。前年よりは少ないものの、期間中約6億人が国内旅行に出かける見込み。地方政府も割引クーポンなど発行し、旅行需要を喚起。
米サンフランシスコ市でエンタメ活動が緩和、共有スペースや屋外活動を許可、今年の観光客数は半減見込み

米サンフランシスコ市でエンタメ活動が緩和、共有スペースや屋外活動を許可、今年の観光客数は半減見込み

米サンフランシスコ市は、屋外エンターテイメントと音楽活動の本格的な再開に向け、新たな暫定許可プログラム「Just Add Music (JAM)」を発表。共有スペースやその他屋外の場所での活動が可能に。
横浜市、みなとみらい21地区で近距離モビリティのシェアリングサービス開始

横浜市、みなとみらい21地区で近距離モビリティのシェアリングサービス開始

横浜市は、みなとみらい21地区で近距離モビリティ「WHILL(ウィル)」のシェアリングサービスを開始。これまで、都市の価値向上を図る「みなとみらい2050 プロジェクト」として実証実験を行ってきた。
ふるさと納税サービス「さといこ」、GoToトラベル対象商品を納税返礼品に、まずは4自治体5商品で

ふるさと納税サービス「さといこ」、GoToトラベル対象商品を納税返礼品に、まずは4自治体5商品で

ふるさと納税サービス「さといこ」は、ふるさと納税返礼品として、GoToトラベル対象商品の寄附受付を開始。まずは京都府亀岡市など4自治体5商品を出品。今後、順次追加していく予定。
大阪・万博公園で次世代モビリティの実証実験、楽しみながら学ぶ新移動体験型サービス、アバターによるガイドも

大阪・万博公園で次世代モビリティの実証実験、楽しみながら学ぶ新移動体験型サービス、アバターによるガイドも

自動運転車両を活用した次世代型モビリティサービスの実証試験が、今年10月から大阪の万博記念公園で実施。パナソニックが開発中の透明ディスプレイを搭載し、車窓とアバターのガイド映像を重ねる。楽しみながら学べる新たな移動体験型サービスとして。