フェイスブックが旅行・観光業界向け広告商品を拡充、検索データから「旅行検討中」のユーザーにリーチ可能に

フェイスブック(Facebook)はこのほど、旅行業界向けの広告商品拡充をおこなった。「宿泊施設を検索しただけで予約しなかった」「フライトも検索のみで予約しなかった」など、旅行先を検討している段階のユーザーも対象に、検索に使われた情報に沿った関連性の高い広告を配信できるようにするもの。

同社がマーケティングリサーチ会社GfKと共同で実施したモバイル検索とアプリ利用動向調査によれば、旅行先の情報収集や旅行計画をおこなう人の約5割が、最初にモバイル検索をおこなう傾向が見られた。例えば、ミレニアル世代は68%がフェイスブック上で、60%がインスタグラム上で旅行のアイデアを得た。また、目的地の選択が予約過程の後半に行われる傾向も判明してきたという。

このような状況を受け、フェイスブックはタイムライン上で、ユーザーの興味関心に合わせた広告を表示する「ダイナミック広告」を拡充。旅行の目的地を検討しているユーザーに対し、人気のある目的地やプランを表示し、予約を促すことが可能に。旅行したい意向はあるが、まだ旅行先を決定していない人々にリーチすることが可能となる。なお、フェイスブックダイナミック広告は、フェイスブックだけでなく、インスタグラムやAudience Network(オーディエンス・ネットワーク)をまたいで配信も可能だ。

フェイスブック旅行部門米国地域責任者であるクリスティン・ワーナー 氏(Christine Warner)は、以下のようにコメントをしている。「これまでホテル業界や航空業界の広告主は、フェイスブック上で利用者が決定した特定の目的地に関連する広告を提供してきました。しかし、目的地の選択は予約過程において、しばし後の方に行われることがわかってきました。このプロダクトにより広告主は、旅行したい意向があるが、まだ特定の旅行先を選択していない人々にリーチすることで、旅行者の計画プロセスの最初の段階からアプローチすることができます」。

旅行業界向けダイナミック広告

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。