日本旅行とトーマツ、次世代の観光人材育成プログラムを共同開発、観光協会やDMO向けに

日本旅行はトーマツと連携し、地域の観光協会やDMO向けの人材育成・研修プログラムを開発した。次世代の観光業界をリードする経営・マネジメント人事の育成や活躍支援につなげるもの。

プログラムは、トーマツによる戦略策定や経営管理に関する知見と、日本旅行による地域誘客や観光地における施策実行のノウハウを生かして設計。講義内容は(1)観光地経営に必要な要素の全体像の理解、(2)一般的な組織経営の知見学習による自身のDMOのあるべき役割の把握、(3)先進事例学習による施策実行の際の着眼点や工夫の習得、で構成する。

講師には、トーマツの地域金融活性化推進室、リスクアドバイザリー担当者のほか、日本旅行からは様々な分野のマネージャーが参加予定。東洋大学国際観光学部教授の古屋秀樹氏も講義を受け持つ予定だ。

受講者数は15名から最大30名程度。講義は1回3時間程度を2か月に1度、合計3回開催する予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。