KNT-CT、第2四半期は減収減益、相次ぐ自然災害の影響大きく利益4割減

KNT-CTホールディングスが発表した2018年度第2四半期(2018年4月1日~9月30日)連結決算によると、相次ぐ自然災害の影響が響き、売上高は前年同期比0.7%減の2074億9700万円、営業利益は43.8%減の15億2700万円、経常利益は37.1%減の17億1100万円で減収減益となった。一方、連結子会社間の合併に伴う税負担の軽減効果により、四半期純利益は3.4%増の16億5200万円を計上した。

市場環境としては、海外旅行としては、個人旅行でアジア諸国向けのホリデイオリジナルツアーや、クラブツーリズムによる国付加価値商品の販売を拡充。団体旅行では、MICE市場の開拓などを積極展開した。

国内旅行では、アニメやテレビゲームをテーマとするオリジナルツアーや国宝「迎賓館浅草離宮本館」初となる見学ツアーなどを実施。訪日旅行では、海外OTAとの連携拡大で個人旅行の取り扱いを拡大。また、2019年のラグビーW杯や2020年の東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿などの受注獲得に取り組んだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…