相乗りアプリと駐車場シェアが連携、車でサッカー観戦に行く利用者のマッチングから駐車場予約まで

日本国内でライドシェアアプリ「nori-na(ノリーナ)」を運営するZERO TO ONEは、駐車場シェアサービス「軒先パーキング」と連携し、両社のサービスを組み合わせた新たな使い方の提案を行なう。このほど、両社のサービスを案内するコラボページを開設した。

ノリーナとは、車のドライバーと同乗者をマッチングする相乗りアプリ。音楽フェスやスポーツ観戦などのイベントに行くユーザー同士をマッチングさせる。移動時のガソリン代や高速代などの料金を割り勘しながら、共通の趣味を持つ仲間と車内での体験を楽しめるのが特徴だ。

今回は、Jリーグのサッカー観戦を目的とする人々を対象に相互サービスを提供。相乗りの自動マッチングに加え、駐車場予約で会場までのスムーズな移動も実現する。今後もノリーナでは、イベントや自治体、スポーツ団体、企業との連携を推進していく方針だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。