「ウーバー」で第一交通産業のタクシー手配が可能に、戦略的提携で割り勘機能も、第一弾は広島市内で

タクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」と第一交通産業はこのほど、戦略的パートナーシップを締結した。2019年春以降に一部の地域で、ウーバーアプリを通じて第一交通産業のタクシー手配が可能になるもの。

乗客はウーバーアプリを利用することで、到着時刻の共有やリアルタイム追跡、同乗者との割り勘機能、過去の乗車履歴の確認などもできるようになる。

第一弾として、広島市内および安芸郡の一部で連携サービスを展開。今後はさらに広いエリアで順次サービスを展開していく計画だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…