政府、ライドシェア拡大へ法制度整備へ、タクシー事業者の受託などで自家用車で有償輸送を可能に

安倍総理大臣は2019年3月7日に開催した第24回未来投資会議で、自家用車での有償旅客運送について「利用者視点で見直しが必要」と述べ、ライドシェア拡大に向けて法制度の整備を図る方針を表明した。今夏に取りまとめる成長戦略の実行計画に向け、具体的な検討を進めていく。

地方を中心に自動車依存の高い地域で、ドライバーの人手不足が深刻化している状況を踏まえたもの。法整備は、タクシー事業者が委託を受ける、または実施主体に参画する場合に手続きを容易化する方向で、タクシーの相乗りや観光客の有償送迎も可能とする。

タクシー事業者との連携を前提とすることについて、安倍総理大臣は「自治体にとって負担の軽減となり、利用者にとっても安全・安心なサービスが受けられる。双方にメリットがある」と述べた。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…