JR東日本グループ、駅ナカ飲食店に新型の注文決済端末、セルフ注文とスマホ事前注文をキャッシュレス決済で

ジェイアール東日本フードビジネスはファーストフードブランド「R・ベッカーズ」の池袋東口店に、新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダーキオスク)」を導入する。

モバイルオーダーの店舗省人化プラットフォームを提供するショーケース・ギグの商品で、店舗内の端末で商品の選択・注文を受け付け、端末での決済後に、商品を受け渡しできるようにしたもの。決済はクレジットカードや交通系電子マネーなどのキャッシュレス対応とし、利用客が注文した商品の調理進捗を店内のデジタルサイネージで確認できるようにした。

すでに同店舗では、スマートフォンで店外からクレジットカード決済での事前注文ができるモバイルオーダーサービス「O:der」を導入しており、セルフ注文と事前注文に対応できる“未来型店舗”1号店として展開。両端末により、注文受付や会計業務を軽減して店舗運営の効率化が図れ、人材不足の解決にもつながると期待する。R・ベッカーズ池袋店では、今回の端末導入効果について、レジ人員1人分の削減が可能になると見ている。

同店のオーダーキオスクの導入は、2019年9月4日を予定。JR東日本グループでは今後も、同店のような未来型店舗を増加する方針で、訪日外国人旅行者に対応するため、端末の多言語化も計画している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。