韓国LCCが再編、チェジュ航空がイースター航空を買収、年内に株式売買契約を締結へ

韓国LCC大手のチェジュ航空は、韓国LCCの5位であるイースター航空を買収する。チェジュ航空は2019年12月18日にイースター航空の筆頭株主のEastar Holdings Co.と株式売買契約に関する了解覚書を締結。この日の了解覚書により、チェジュ航空は年内に株式売買契約書(SPA)を締結する予定だ。株式取得数はイースター航空の普通株497万1000株で、持分比率は51.17%。

チェジュ航空は、イースター航空の買収によって、マーケットシェアの拡大と市場の主導権を強化する。また、韓国国内の航空業界再編の動きの中で、主導的な役割を果たしたい考え。今回の買収は、チェジュ航空がイースター航空に提案し、了承された。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。