ニュージーランド、新型コロナ警戒レベルを引下げ、2週間後に新たな判断、地域間の移動規制は継続

ニュージーランド政府は、新型コロナウイルス(COVID-19)に関する警戒レベルを2020年4月28日からレベル3に引き下げた。同国では、3月25日に国家非常事態が宣言され、警戒レベルが最高の4に引き上げられていた。

政府は今後、5月11日までレベル3を継続し、感染者数の推移を見極めたうえで、新たな判断を下す。

レベル3でも、仕事、学校、買物、運動以外は自宅で自粛することが求められ、地域間の移動は依然として感染リスクが高いとして規制している。一方で、近親者との接触、介護士の受け入れ、孤立している人たちの支援などの機会は拡大される。

また、集会やイベントも引き続き厳しく制限され、葬式と結婚式(披露宴は除く)での最大10人までの集まりのみが許可されている。

政府は、レベル3でも、引き続き国民に対して緊張感を持った対応を求めており、規則の遵守を呼びかけている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。