宿泊管理システム「トリプラ」、Googleホテル広告と連携開始、自社予約獲得の支援へ

image via Shutterstock.

SaaS型宿泊予約エンジン「triplaホテルブッキング」を提供するtripla(トリプラ)はこのほど、Googleホテル広告との連携を開始した。グーグルが提供するホテル向け検索ウェブ広告「Googleホテル広告」のインテグレーション・パートナーの公式認定を獲得したもの。これにより、グーグルの検索結果やマップアプリに「triplaホテルブッキング」が保有する宿泊施設の自社販売情報を掲載することが可能に、この機能を宿泊施設が利用することで自社予約獲得の支援強化を図る。

Googleホテル広告連携機能のプランは、CPA(顧客獲得単価)やCPC(クリック単価)など課金額の調整と分析を委託するトリプラサポートプランと、運用をホテル側で行うセルフサービスプランの2種類。同社はメタサーチ機能をさらに向上し、宿泊施設の自社予約率向上につながるサービスを提供したいとしている。

なお、2020年9月14日から、樹ホテルズジャパンが運営する旅館「由布院別邸 樹」でGoogle広告連携を開始している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。