佐渡金山をMR体験するアトラクション開発へ、坑道内を歩きながら歴史と仮想世界が交錯

新たなスタイルのエンターテインメントに取り組むティフォン社はこのほど、新潟放送、ゴールデン佐渡と共同で、「史跡 佐渡金山」の坑道内で体験できるMRアトラクション「ISLAND MIRRORGE(アイランド・ミラージュ)」の開発を開始した。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)といった技術を融合した「XR(クロスリアリティ)」にフォーカスした事業を展開するもの。

テーマは「異世界への洞窟体験」。「史跡 佐渡金山」は江戸幕府の財政を支えた金山で、2010年にはユネスコ世界遺産暫定リストに加えられ、本登録を目指しており、最新技術を通じて身近に感じてもらえるようにする。

アイランド・ミラージュは、MRグラスを装着した状態で佐渡金山内を実際に歩くウォークスルー型のアトラクション。歴史遺産と仮想世界が交錯する空間にプロジェクションマッピングなどの技術も組み合わせた体験を提供する。自宅で楽しんでもらうVRコンテンツも同時に開発する。なお、コンテンツ開発にあたり、クラウドファンディングを活用して資金の一部を募集している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。