ナビタイム、全国コミュニティバスのルート検索も可能に、路線バスなどカバー率100%に

ナビタイムジャパンは、消費者向けナビゲーションサービスや法人向け「NAVITIME API」などで、全国すべてのコミュニティバス情報の提供を始めた。これにより、全国のコミュニティバスを利用したルート検索や時刻表、地図上での停留所表示等が可能になる。

ナビタイムジャパンは、2006年3月にバスのルート検索機能の提供を開始。2018年2月には全国の路線バスのカバー率100%を達成した。今回、全国の路線バス511社を加えて、1170自治体のコミュニティバスにも対応することで、路線バスだけでは網羅しきれなかった生活路線や観光エリア循環路線などをカバーすることになる。

コミュニティバスは、路線バスに比べて、停留所ポールがなく停車位置が正確に決まっていない場合や、特定の曜日しか運行しない路線、同一路線内でも同じ停留所を何度も行き来するような特殊で複雑な運行ダイヤも多いため、ナビタイムは、自治体などの協力を得て、公式ホームページにも載っていない停留所の位置や読み仮名、乗降支払情報といった情報も独自に調査した。

ナビタイムジャパンでは、消費者向けサービスだけでなく、法人向けサービスにも対応することで、MaaS領域での活用も視野に入れる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。