JAL、空港チェックイン時のタッチパネル非接触化、手荷物タグの発行も

日本航空(JAL)は2021年3月22日、空港内の自動チェックイン機、自動手荷物預け機のタッチパネルを非接触化したと発表した。羽田空港国内線を皮切りに実施。4月以降、新千歳、伊丹、福岡、那覇空港に順次拡大する。

自動チェックイン機、自動手荷物預け機に日本エアロスペース社のタッチレスセンサを取りつけて赤外線を出すことで、操作画面に直接触れることなく、搭乗手続きや手荷物タグの発行ができるようにする。

このほか、新型コロナウイルス感染症予防対策として、乗客が直接手を触れるチェックインカウンターや機器、車両など、空港内の抗ウイルス・抗菌のコーティングを順次進めていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。