JALとNEC、ニューノーマル時代の旅行体験実現で協業、顔認証で非接触手ぶら決済など

日本航空(JAL)と日本電気(NEC)は、新型コロナウイルスの影響に伴う、ニューノーマル時代のデジタル技術を活用した新しい旅行体験の実現で協業を強化する。

NECが2019年1月から南紀白浜エアポートなどと行っている「IoTおもてなしサービス実証」にJALが参画し、映像分析や生体認証を活用した実証実験を実施する。具体的には、9月4日から南紀白浜空港で、ディスプレイ前に立つと記念写真を楽しめるサイネージを設置。顔認証システムを通じて、登録メールアドレスに写真データを送信することも可能だ。

協業の第2弾は10月末からの開始を予定しており、南紀白浜空港における手荷物待ち時間の可視化、羽田空港発の顔認証によるキャッシュレスで非接触な手ぶら決済の実験を行う予定。

こうした取り組みを通じ、JALは待ち時間を感じさせないストレスフリーな乗客体験の提供、NECは生体認証データを活用して安全、快適な、旅行の実現につなげたい考えだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。