KDDI・JAL・JR東日本ら、ドローンで医薬品や食品をデリバリー、アフターコロナ時代の運用構築へ実証実験

KDDI、日本航空(JAL)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、Terra Droneの5社は2020年8月31日、東京都内でのドローンによる医薬品配送や駅周辺のフードデリバリーサービスなどの実証実験を実施し、ドローン配送の運用オペレーションの構築を目指す。

東京都が募集した「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実験~ドローンを活用したまちづくり~」に提案し、採択されたもの。背景には、生産年齢人口の減少、荷物の小口化、多様化による物流分野のドライバー不足が顕在化しているのに加え、新型コロナウイルスの蔓延で新しい生活様式に応じた物流変革が求められていることがあり、同プロジェクトでは、ドローンを活用することでアフターコロナ時代における物流の新しいビジネスモデルを検討する。

具体的には2021年度に都内湾岸エリアや都心駅周辺を想定エリアとして実証実験を実施し、運用の課題や収益性などを検証する。JALは安全管理、ドローン物流モデルのフィージビリティ評価、医薬品配送のビジネスモデル構築、JR東日本は駅前や周辺施設でのロケーション提供、フードデリバリーサービスのビジネスモデル構築、巡回警備におけるドローン活用の検討を担い、KDDIがプロジェクト全体を取りまとめる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。