JAL、次世代モビリティ開発企業3社に出資、シームレスな移動・輸送を実現へ

PATARA / Shutterstock.com

JALは、有望なスタートアップ企業への投資を行うCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタルファンド)「Japan Airlines Innovation Fund」を通じて、次世代モビリティに関連する企業へ出資した。

出資した会社は、eVTOL (electric Vertical Take-Off and Landing: 電動垂直離着陸機)を開発するドイツのVolocopter GmbH、自動車などの配車管理を最適化するプラットフォームを開発するスイスのBestmile SA、倉庫や工場などの大規模施設内における物資の自動運搬ロボットおよび管理プラットフォームを開発するアメリカのFetch Robotics, Inc.の3社。

JALは、「世界中のヒト・モノ・コトの距離を縮め、豊かな社会を実現する」取り組みのひとつとして、「シームレスな移動・輸送を実現する総合エアモビリティサービス」の提供を目指しているところ。

これまでに、兵庫県養父市と連携協定を締結し、ドローンを用いた地域課題解決を目指しているほか、住友商事およびBellとエアモビリティ分野に関する業務提携を行い、eVTOLの開発に乗り出した。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。